「コロナ脳」「マスク脳」「マスコミ洗脳」等をを溶かす演説です。大橋眞・徳島大学名誉教授の演説(2020年9月21日) 免疫生物学 (Immunobiology)

09 23, 2020


PS.2020.09.24
2020年09月18日22:30 ホテルで検温拒否した際のやり取り
https://soundcloud.com/user-944924503/rejecting-thermometry-for-covid-19-on-checking-counter-in-a-hotel
↑このやり取りの会話の様に、ここまで、多くの市民が、はっきりと冷静に言えれば、このコロナ茶番劇が終わります。経営者側はある意味(経営的に)弱者です(旅行業界で結束しコロナの茶番を医学的にデーターで示し、市民に伝える方法もあると思う)、市民が「マスク・三密・ソーシャルデスタンス」に”NO”を言う責任があると思うのです。それは消費者の立場の市民が言い出すしか解決法が無いと思うからです。そのためには、TV・新聞などのメディア以外から情報を読み取る作業が要ります。これが出来なければ、拒否行動が出来なければ、簡単に洗脳できるじゃないかと、次の締め付けで遺伝子組み換えで危険かつ効かないワクチンがきます。コロナは茶番劇です。「マスクなどやーめた」って、市民が言えばいいだけです。
******************************

↓これは10分バージョンです。
大橋眞 徳島大学名誉教授 演説

https://www.youtube.com/watch?v=Wt3eROCZSjs&feature=youtu.be
2020/09/21
Jun CHANNEL<-動画アップありがとうございます。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
↓この動画は、免疫生物学者 大橋眞氏の「コロナ脳」「マスク脳」「マスコミ洗脳」等をを溶かす演説です。
たった5分の動画です。
たった5分で、元の生活に戻る、「脳」がシフトします。今もこれまでもTV・新聞からは、得れない演説です。


大橋眞・徳島大学名誉教授の演説(2020年9月21日)


https://www.youtube.com/watch?v=aAvQyYOyA3g
2020/09/22

Kiyotaka Takahashi <-動画アップありがとうございます。

「新生活様式にNO!!」国会前デモ
主催:日本と子どもの未来を考える会

「国会前で反コロナ集会、『PCR検査は全く当てにならない』と大橋眞氏」
http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/archives/2034831.html

『高橋清隆の文書館』
http://blog.livedoor.jp/donnjinngannbohnn/

 にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

そもそも新コロウイルスとは何か ここからPCR検査の無意味さが見えてくる/大橋眞氏 徳島大学

09 21, 2020


本日2記事目アップです。
そもそも新コロウイルスとは何か ここからPCR検査の無意味さが見えてくる

https://www.youtube.com/watch?v=gInzO5zGN04
2020/09/16
学びラウンジ
記事下部に動画があります。動画で丁寧に解説されています。
そもそも新コロウイルスとは何か ここからPCR検査の無意味さが見えてくる

/動画コメンタリー転載

今回の騒動の原点は、もちろん新コロウイルスです。しかし、新コロウイルスとは、一体何なのかということを説明できる人は少ないと思います。新コロの定義がしっかりと定まっていないと、この問題に対する対処法の検討もできないはずです。
検査法、病原性、伝搬性などの検討には、標的をしっかりと絞っておかないと、話がちぐはぐになってしまい、次第に何をしているのかわからなくなってしまう危険性があります。


 新コロとは、何かと聞かれると、中国のグループの発表したゲノム遺伝子を持ったウイルスという答えが、模範解答かもしれません。この遺伝子配列に基づいて、PCR検査のシステムが作られました。プライマーという短い遺伝子をウイルスの遺伝子と結合する形に設計して、化学合成します。ゲノム遺伝子は、全長3万塩基もあるので、PCR反応で合成するには長すぎます。そのために、末端に近いところだけを増幅するようにプライマーを設計します。一般的に使われているリアルタイムPCRは、特に短い領域の増幅を得意としています。増幅するのは、プライマーを含めて100塩基ほどの長さです。すなわち全体の300分の1ほどの部分しか、遺伝子を見ていないのです。

 新コロの定義を、中国の遺伝子に似ているということにすると、どのくらい似ているとか、基本となる構成単位が似ているとかの範囲を定める必要があります。ウイルスの基本的な機能は、遺伝子が翻訳されたたんぱく質によって、担われています。したがって、遺伝子が似ているというより、翻訳されるたんぱく質が似ているということが重要であり、たんぱく質が同一であれば、ウイルスは同じ機能を持っているということになります。たんぱく質が同一、またはきわめて似ているということが新コロウイルスであるという定義になるのでしょう。しかしもしそうであれば、遺伝子は多くの多形が存在しうるということになります。平均すると1つのアミノ酸あたり3通りのコドン(連続した3つの塩基で構成されたアミノ酸の種類を決めているユニット)が存在します。変異体には、PCRのプライマーが結合しないものも無数に存在する可能性があります。すなわち、PCRで検出できるのは、新コロのごく一部ということになります。

 もし、新コロの定義を、PCRで検出できるものとするなら、全体の300分の1の類似性だけを見て、全体が同じと言っているようなものです。これには、何の証拠もありません。全体の形は、調べないとわからないのです。病原性も、わかりません。しかし、現在はPCR陽性ということだけで、無症状者として隔離するとか、PCR陽性者がたくさん出たと言って、自粛や、マスクの生活をすることを求められているのです。このようなPCRで検出できるものを新コロと定義するのは、学問的にもおかしな話です。

 本当に存在するのかとか、病原性があるのかというような未解決の問題はたくさんあるものの、中国発表の遺伝子を持ったウイルスと似ているという定義の方が、一貫性はありそうです。しかし、そのように定義するとPCRでは、検出できるとは限らないために、PCR検査は無意味ということになります。

 いずれの定義を採用するにしても、PCR検査は医学的に意味がないということになります。中国発表の遺伝子を持ったウイルスと似ているということを定義とするなら、遺伝子の類似性より、たんぱく質レベルでの類似性を調べる抗原検査の方が、理論的には検査の信頼度は高いということになるはずです。



/転載ここまで


https://www.youtube.com/watch?v=gInzO5zGN04
2020/09/16
学びラウンジ

 にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

「PCR検査は、ウイルス検査に使えない」マリス博士の真意とは/大橋眞氏 徳島大学

09 21, 2020


「PCR検査は、ウイルス検査に使えない」マリス博士の真意とは

https://www.youtube.com/watch?v=hpdY0xP_9yw
2020/09/15
学びラウンジ
記事下部に動画があります。動画で丁寧に解説されています。
「PCR検査は、ウイルス検査に使えない」マリス博士の真意とは

/動画コメンタリー

PCR検査は、遺伝子の断片を見るものであり、ウイルス検査には向いていません。また、病原体を検査する方法でもありません。
PCRの発明者、キャリーマリスは、「PCRは、感染症の診断に使ってはならない」という趣旨の発言をしたと言われています。
実際には、キャリーマリスの発言は、「HIVウイルス数をPCRで測定することはできない」というのが正しいようです。



 いくつかのPCRの中でも、リアルタイムPCRは、DNAの合成をリアルタイムで追いかけることが出来るために、何回目のサイクルでDNA合成が確認できたかというCt値によって、サンプル中の遺伝子のコピー数がある程度推定できます。現在行われているPCR検査は、リアルタイムPCRで行われている場合が多いようです。感染研のPCRマニュアルや、市販のPCRキットにもリアルタイムPCR対応になっています。前述の「ウイルス数をPCR法で測定できない」とは、一体どういう意味でしょうか。


 ウイルスは変異が起こることが知られています。特にRNAウイルスは、変異が起こりやすいのです。遺伝子の変異の中でも、最も起こりやすい塩基のの置換という変異について考えてみます。、塩基の置換にも、大きく分けてたんぱく質の変異に影響しない置換(同義置換)とたんぱく質の変異に影響する置換(非同義置換)があります。同義置換は、非同義置換に比べて圧倒的に頻度が高い変異です。また、塩基置換以外の変異は、塩基置換の頻度に比べて大変少ないのです。そのために、遺伝子変異の大部分は、たんぱく質の変異に影響しない、同義置換になります。




 同義置換であっても、PCRのプライマーの結合性には、大きな影響が出ます。プライマーの結合部位における同義置換の変異によってPCRによる遺伝子増幅が起こらなくなるのです。そのために、この部位に変異のあるウイルスは、カウントされません。未知のサンプルの場合、変異体の種類、変異体の割合などが不明です。したがって、このようなサンプルを使って、ウイルス数をPCR検査により測定することはできないわけです。病原体の検査には、もちろん使うことはできません。キャリーマリスの発言は、その理由が省略されているためか、その真意を十分に理解されていないようです。このことを理解しないまま、PCR検査を広げることは無意味なだけでなく、危険なことだと言えるでしょう。


/転載ここまで


https://www.youtube.com/watch?v=hpdY0xP_9yw
2020/09/15
学びラウンジ

 にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

無意味なPCR検査は早くやめたほうが良い/大橋眞氏 徳島大学

09 20, 2020


本日3記事目アップです。
無意味なPCR検査は早くやめたほうが良い

https://www.youtube.com/watch?v=bU5DvZyAJNw
2020/09/14
学びラウンジ
記事下部に動画があります。動画で丁寧に解説されています。
無意味なPCR検査は早くやめたほうが良い

/動画コメンタリー転載

今回の騒動の原因はPCR検査です。PCR検査は遺伝子の断片を調べるものであり、病原体を調べるものではありません。

病原体にも遺伝子があるために、この遺伝子の断片を見ることは病原体を検出することになるという考え方から、PCR検査を充実させるという政治的な動きになっているようです。
 


 しかしこの考え方には、根本的な間違いがあります。しかし、その間違いに気づきにくいのかも知れません。

遺伝子―タンパク質ー微生物ー病原体の流れは、一つの線上に並んでいるわけではないのです。


もし、仮にこれらの要素が一直線上に並んでいるのなら、遺伝子の断片を調べるPCR検査が、病原体の検査に使えるかもしれません。しかし、今回の場合は、複数に分岐することや、そもそも一列に並べるべきものかどうかもよくわかっていません。前者は、遺伝子変異の問題などがあり、後者は病原性の問題や、遺伝子断片からは全体像の保証がないことなどが考えられます。

 このような問題点を整理して、冷静になって考えてみる必要があります。このようなミクロの世界を知る方法には限界があります。そもそも未知なるミクロの世界の問題をPCR法でアプローチすることには、研究レベルであっても危険性が大きいのです。まして、臨床医学の分野で、いきなりPCR検査をやって、何の意味があるのか、だれも把握していないのではないでしょうか。
遺伝子―タンパク質ー病原体ー疫学のラインを今一度整理して、考える必要があります。


/転載ここまで


https://www.youtube.com/watch?v=bU5DvZyAJNw
2020/09/14
学びラウンジ

 にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

ウイルスはカオスの世界。PCR検査は意味がない。/大橋眞氏 徳島大学

09 20, 2020


2記事目アップです。
ウイルスはカオスの世界。PCR検査は意味がない。

https://www.youtube.com/watch?v=eKpHy8WIdBg
2020/09/12
学びラウンジ
記事下部に動画があります。動画で丁寧に解説されています。
ウイルスはカオスの世界。PCR検査は意味がない。

/動画コメンタリー転載
PCR検査は、遺伝子の断片を調べるものであり、それ以外の目的に使うときには細心の注意が必要になる。
今回の騒動の原因は、PCRが病原体ウイルスの検査に使えると、安易に考えたことにある。
遺伝子を調べることと、病原体を調べることと似たようなものと思っている人がいるようだが、実際には似て非なるものの典型だろう。


 PCRは、プライマーと呼ばれる短い領域の遺伝子の一致(または高度な類似性)があると反応する。遺伝子の少し離れた2か所で挟み込む形で増殖反応をさせるので、遺伝子の高度な類似性を見るのは、合計40塩基ほどの長さの遺伝子である。
この領域は、たんぱく質に翻訳させる部分なので、遺伝子の変異があっても、翻訳されるたんぱく質に変化のない変異であれば、たんぱく質に変化は生じないので、ウイルスの機能としては、ほぼ同じと考えられる。
3つの塩基で1つのアミノ酸をコードしている、40塩基の遺伝子は、少なくとも12のアミノ酸をコードしている。20種のアミノ酸をコードする3つの塩基の組み合わせ(コドン)は、60種としても、一つのアミノ酸たり、平均3種のコドンが存在する。
12のアミノ酸では、3の12乗通りの遺伝子多型が存在する可能性がある。

このような多様な遺伝子型のうちで、今回のプライマーセットのPCRに反応するのは、ほんのごく一部である。今回のウイルスが、それほど問題というのであれば、同じ表現型をもった他の遺伝子型についても調べる必要がある。
遺伝子の多型は、プライマーとして用いた領域以外にも当然ながら存在しうる。
無数というほどの遺伝子多型が存在する中で、中国のグループが発表したひとつの遺伝子型の存在の有無だけをPCRで見つけることに、一体どんな意味があるというのだろうか。


 PCRの特異性が高いという特性は、一見すると特異的に病原体を検出するようにも感じるが、実際には病原体の検出という目的には使えないことになる。このような遺伝子多型の存在しうるウイルス存在の有無を調べる目的には、まったく不向きであり、役に立たないということを肝に命じる必要があろう。
/転載ここまで


https://www.youtube.com/watch?v=eKpHy8WIdBg
2020/09/12
学びラウンジ

 にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
プロフィール

恵

Author:恵
暮らしに花(生け花)を!
木・葉・花を今風に飾る
未来の子供のために社会毒を避ける
「お花のある暮らし」の様に平凡で安らぎが根底で保障された生活を望んでいます。

にほんブログ村☆FC2ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ 
速報!!!!
速報!
安倍から菅への交代の意味 2020年9月19日   田中 宇氏 http://tanakanews.com/200919japan.htm
コロナのインチキが世界的にバレていく2020年9月2日   田中 宇氏 http://tanakanews.com/200902corona.htm
最新記事
カテゴリ
いけばな教室 (469)
 生徒さん (456)
 生け花教室でのあれこれ (6)
 レッスンのご案内♪ (7)
暮らしに、少しだけお花を (874)
 春 3-5 (221)
 夏 6-8 (252)
 秋 9-11 (193)
 冬 12-2 (203)
 他 (5)
***************** (0)
社会毒に物申す人・集まりindex (2)
社会毒に物申す人・集まり (223)
 フリーエネルギー(飯島秀行他) (7)
 自然農法!無農薬無肥料 (3)
 日本母親連盟 (2)
 内海聡 (医師♪薬物専門) (45)
 船瀬俊介(ジャーナリスト) (34)
 杉田穂高 アメノウズメ塾 (17)
 ジェイ・エピセンター☆ヒップホップ☆ (1)
 大橋眞/徳島大学(学びラウンジ) (54)
 コロナ等の動画諸々、主に海外、 (2)
 他の方々の動画諸々 (2)
 近藤誠 (癌セカンドオピニオン) (2)
 安保徹 (免疫学者) (2)
 宗像久男(医師) (2)
 その他、、諸々 (2)
 市民メディアバクロスTVシリーズ編 (32)
 市民メディアバクロスTVワンショット (13)
 市民メディア☆バクロス研究所 (3)
知りたいこと (25)
私の思う色々! (4)
***************** (0)
リンク (4)
 保存しておくサイト・記事・動画集 (2)
 日本母親連盟 (1)
 リンク集 (1)
***************** (0)
雑多 (3)
コメント欄! (1)
ブログに、、ついて (1)
メモ (0)
日本母親連盟マザリー
「Ⅰ.目的」
日本母親連盟マザリーは、食・医療・農業・環境・保育などの問題を広く社会に投げかける啓蒙活動を行い、「子どもたちの未来のために母親や女性たちの力で健康な社会を産み出す」ことを目的としています。
詳しくは ↓ をご覧ください。
日本母親連盟発足
情報は ↓ こちらをご覧ください
日本母親連盟
★日本母親連盟は、総務省に申請されている、れっきとした政治組織です。
★母親だけが参加するものではなく、結婚されていない方全員、女性の方全員、すでに子育てが終わった方全員、男性の方全員が対象になっています。
★日本父親連盟もできました。詳しい情報は ↓ こちらをご覧ください
日本父親連盟
気になる、記事とyoutube
このプラグインのアーカイブは
保存しておくサイト・記事・動画集
カテゴリの「<保存しておく記事・動画>」にストックしています。

珍コロがなぜ海外で多いのか?(長いが重要)/うつみん(内海 聡)のブログ(記事)
Qアノンの正体/うつみん(内海 聡)のブログ(記事)
アメノウズメ塾 勤休辞退宣言宣言 人類奴隷化計画2/hibana(動画)
レムデシビルやアビガンの承認(重要)/うつみん(内海 聡)のブログ(重要記事)
【種苗法改正の意味を理解する上で】/三宅洋平オフィシャルブログ(記事)
生き残る為のアメノウズメ塾 ~人類奴隷化計画~(youtube)
(必読だよ。ここにもビルゲイツが出てくるんだよ)種苗法改正について/三宅洋平オフィシャルブログ(記事)
コロナと今後/うつみん(内海 聡)のブログ(記事)
あなたが菌以上ならわかるPCRのウソ /うつみん(内海 聡)のブログ (記事)
PCR検査のウソ/うつみん(内海 聡)のブログ (記事)
STOP THE 5G 【全国】ライブ中継/こみ☆まぐ重要 (youtube)
船瀬俊介氏が語る「stop the 5G!」その危険性/神社チャンネル重要 (youtube)
ヤバすぎる緊急事態条項の改憲発議を阻止する会 (facebook)
古館伊知郎が訴える緊急事態条項の危うさ (youtube)
貧乏人は水を飲むな。「水道民営化」を推進するIMF、次のターゲットは日本マネーボイス (記事)
参考 ジェイエピセンターさん 完全監視社会を作ろうとする者が 今何をしているのか
人工地震についての個人的意見(長文です)/内海聡 facebook (記事)
IWJ 「虐待していなくとも…」親の同意なしで一時保護、親子の面会禁止のまま長期間隔離、子どもへの危険な薬物投薬 ~医師・弁護士らが児童相談所被害の実態を報告 2014.10.15 (youtube)
検索フォーム
コンパクト月別アーカイブ
リンク&インデックス他
このブログをリンクに追加する
ブログ村 読者登録♪
IKEBANA_k花空間 /社会毒を避けたい - にほんブログ村
PV(ページビュー)アクセス
PVアクセスランキング にほんブログ村
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ