「スパット(商品名)」 花ばさみ研ぎ器を試してみました

10 11, 2015


花ばさみを研ぎに出すところも少なくなっています。
そこで、花ばさみ以外のハサミにもこの研ぎ器が使用できるってことなので、買ってみました。
(「スパット」は、よく見ている花関係のyoutubeサイトで知りました)

実際に、花ばさみを研いでみました。
説明書通りにしましたが、鋏を研ぐのは初めてなので、100%使いこなせたかどうかは不明です。
でも、実際に鋏の切れがアップしています。


480×スパット ハサミ研ぎ器0023480×スパット ハサミ研ぎ器前面0026480×スパット後面0010480×スパット 底面0015
上部      前面      後部      底面
商品が収まっている箱です、かなりレトロ、アナログ^^;
商品名、取扱い、その他等を印字した用紙、それを段ボールに巻いてあります。
詳細の取扱い説明書は、箱の中に数枚入っていました。


480×スパット 上部&全面0002
これが、箱の上部と前面です。用紙がくるりと巻いてあります。


A. 花ばさみを研ぐための下準備
・花ばさみ表裏のヤニ、シブ、錆等を取り除く作業
(箱の中身一式にある、スポンジのようなモノで取り除きます)
(しかし、スポンジのようなものが2種あり、そこがよくわからない
B. 研ぐ
・花ばさみは片刃なので、刃のある方だけを研ぎます。
・花ばさみをセットする器具角度60度前後に合わせます。
(説明書を参照)
・まずダイヤヤスリ荒目#240番で研ぎ、あと細目#800番で研ぎます。
*私が試した方法です、もしお使いになるときは、説明書を参照してくださいね。とてもアナログ^^な説明書です。


鋏の研ぎ方の画像アップがあります

鋏・ハサミ研ぎ実演 素人でもプロ並みの切れ味に

https://www.youtube.com/watch?v=PBR5Z1ai5qk
研究開発した職人さんが、研ぎ方の説明をしているように見えます


480×スパット 中身0050
箱の中身です


因みに包丁研ぎもあります。

包丁研ぎ実演 素人でもプロ並みの切れ味に
https://www.youtube.com/watch?v=PQBamPORHNM

最後まで記事をご覧いただきありがとうございます。
Posted in  雑多

”一徹らーめん”さんが ミシュランシェフ400人が選ぶ店として、認定されました

03 06, 2013


最近 知ったラーメン屋さんのことで ビックリする 朗報があります
そこの屋号は 「一徹らーめん」と言います 

朗報は
世界のミシュランシェフ400人が選ぶ店、として ”一徹らーめん”が認定されました。
ラーメン店としては、日本で西麻布”赤のれん”、築地”井上”と3店のみ


一徹らーめんさんの御夫婦は 大変喜んでおられました。 料理人として 最高の喜びであり 拘って拘って 築いてこられた事に 誇りのある素敵な笑顔でした。 


下記の画像は お店でいただいてきたカードです ほぼ 実物大です。
ちょうど名刺の大きさで 往復はがきのように 見開きになっています
  ↓
  一徹らーめん Where Chefs Eat

  一徹らーめん Where Chefs Eat

◆営業時間
営業時間の変更は、「一徹らーめん パパ&ママ」さんのホームページでお確かめくださいね。
今現在(2017)土・日夜のみの営業に、お昼の営業が追加されていました。

◆住所     〒670-0893 姫路市北平野1丁目8-11
◆TEL     079 (282) 0208


外食する時間が なかなか取れないので メニューの一部しか食出来ていませんが、、、、、しかし
one sentence 59

・この間 食べた 餃子もむちゃくちゃ美味しかった
・野菜サラダ 一度食べてみてください 次回から外せないメニューに!!
・から揚げも美味しかった
・すっぴんラーメンも美味しいですよ
・最近 野菜ラーメンを初めて食べました(いつも売り切れ)何十種類の野菜が入っているか数え損ねた
・書き忘れ、チャーシューが、とろける味に、とろける柔らかさ、チャーシューらーめんにも野菜がたっぷり^^

プロフィール

恵

Author:恵
暮らしに花(生け花)を!
木・葉・花を今風に飾る

最新記事
カテゴリ
にほんブログ村
検索フォーム
共謀罪、我々の人権は、すでに、消えうせた
共謀罪成立で、“忖度”総太郎が大活躍カレイドスコープサイトより
知りたいこと
考えたい、こと
更新記事♪
自作「名刺・チラシ」を作成
前回チラシに作品画像を4個付け足しました。
全記事表示リンク
最新コメント
リンクフリー
お願い
掲載している写真・イラスト等の著作権は ブログの管理人に属します
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ