焼き塩の作り方

03 14, 2019


焼き塩の作り方

https://www.youtube.com/watch?v=6BmT6zdxyys
tenemosair
2011/03/28 に公開
シンプルで、経済的で、安全《自然界の0(中性)に戻る法則》に戻す動画のアップありがとうございます。)

/動画のコメンタリー転載
現在の酸性に傾いた食べ物をどう処理すればよいでしょう?焼いて強アルカリとなった塩を料理につかっていくことを提案します。例えば、焼いた塩を水に混ぜて、その中に野菜や肉等を15分~30分程つけておけば付着した農薬は中性に変化します。また、素材が生きたサイクルに変化するため、みずみずしくなります。お肉は臭みがとれます。焼塩はフライパンで焼いたり、塩をお皿に盛り、それにアルコール(無水エタノール)をかけ燃やして作ります。
では、焼いた塩がなぜよいのでしょうか? 塩を燃やすと、有機物が飛んで、強アルカリの状態になります。つまり、強アルカリなので、自然界の0(中性)に戻る法則がはたらくのです。

/転載ここまで

index
社会毒に物申す人・集まりindex (主に人名で、そしてカテゴリー別に、)

 にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

飯島式ラジコン飛行機(1)と①②

03 12, 2019


故飯島秀行氏が飛行機を飛ばしている動画で説明されていた言葉

「こうやって、なんていうのかな鳥がユータンするっていうのかな、このとても飛行機の動きをするんじゃないんですね。本当に蝶々トンボが羽ばたいているというか、ヒバリが羽ばたいているというか・・・」
「まぁ飛行機っていうのも航空力学っていうのもあるんですけども、自分の頭にはもうハッキリ消えちゃいましたね。」
「この飛行機の大きさ(2m)に対してエンジンは、約通常の1/4です。
あの1/4で、あの長年20年以上付き合っている仲間がいて、『こんなんじゃ絶対に飛ばないよっていうだ』普通であれば飛ばない、『飛んだらどうするっていうことで、飛んだらフカヒレラーメンだということで、ちゃんとラーメン食ってきました(会場笑う)』」

飯島秀行氏の飛行機に関する動画内の言葉は、前の記事動画の19:55からあります。

その飛行機だけの動画をアップされています。それを記事にアップいたしました。
フリーエネルギーの自然の法則に則った、この不思議な(本当は、自然の法則に則っただけのこと)飛び方の飛行機の動画のアップをありがとうございます。


■飯島秀行氏の模型飛行機(1)

https://www.youtube.com/watch?v=eyi1NGH3HNY&t=2s
藤原直哉 氏
2015/09/20 に公開

/動画コメンタリー転載
よく観てください。この大きさ(2m)でこの小さいエンジンをつけて、こんな低速で離陸し、こんな低速で機動的に旋回するラジコン飛行機はありません。

飯島秀行氏の超スローラジコン飛行機は以前に紹介されています。
http://fujiwaranaoya.main.jp/rc.pdf
時には空中で静止します。失速墜落寸前から立て直していく姿も普通の飛行機ではありえません。決して風に正対して強い揚力を得ているわけではありません。風は不安定に吹いていますから。


飯島秀行氏の許可を得て掲載。
http://www.tenemos-ier.org/pg49.html
/転載ここまで

■飯島式ラジコン飛行機②

https://www.youtube.com/watch?v=NbPCm0FZP28&t=11s
tenemosair
2011/02/27 に公開

■飯島式ラジコン飛行機①

https://www.youtube.com/watch?v=dbkOZ0tkG8w
tenemosair
2011/02/27 に公開

index
社会毒に物申す人・集まりindex (主に人名で、そしてカテゴリー別に、)

 にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

マナウォーター構造を公開! キット販売スタート予告 2012/06/28 に公開

03 11, 2019


参考資料
マナウォーター仕様書 (なぜか、文字が左へ90度傾いています^^印字は大丈夫です)
マナウォーター設置検討について

マナウォーター構造を公開! キット販売スタート予告

https://www.youtube.com/watch?v=W61TNzGBktE&list=PL50mlt1jbg0lyWG4pNCX9ePScQPIupTCl
2012/06/28 に公開

<動画の文字お越し、自分自身への備忘録です>


あのマナウォーターのその構造が完全公開される!

「ボードにマナウォーターの図を描く」
マナウォーター構造を公開! キット販売スタート予告-2

従来の仕組みは、オリジナルはフイルターを通して水を出していく仕組みなんです。それじゃ全く効果が出ないんですよね。ただ汚れを取っただけなんです。

この仕組みと従来の仕組みの大きな違いは、一言で言ったら「安全か、安全じゃないか」です。

自然のサイクルと言うのはどういうものかと言うと、ものを作り上げていく力なんだよね。
もちろん崩壊していく力も自然なんだけど、我々はやっぱり物質界で生きていますから、物質を作っていくことが一つの基本形の定めとして存在する。

だからこの壊していく行くのは簡単なんだけど、作り上げていくのがなかなかできない。

だから、そういった意味でエネルギーがどこで働くかと言うと、本当にこれだけだから、これだけ覚えておいて欲しい。

マナウォーター構造を公開! キット販売スタート予告-1
ここから水が入ります(画像の図の右上)で、水がずーっと入って行くと一番下から出るようになってるのです。
普通は全体から出るように入ってくるんだけど、一個だけ出るような仕組みになっているんです。

マナウォーター構造を公開! キット販売スタート予告-3マナウォーター構造を公開! キット販売スタート予告-4
そうすると、水がこう入って行くと、「ザーッとこう水がぶつかる(筒内部下部壁面に)というか、シャーッと出ますよね」
そうすると出たらすぐにこの、こんなけの世界だから(筒の下部で、水が出て側面にぶつかっている範囲)ここから水が入って行くとすぐに(ガチャガチャ:水の代わりにペンでぶつかった状態を再現)ぶつかりますよね。こうやってぶつかるってことは、

この中で「圧」が上がるの感じません?

要するに肩たたきじゃないけど、連続でガーッとたたくと、「圧」が出ますね。
そうすると、この中(筒の中)の部屋の中の「圧」が高くなるわけですよね。
「高圧」が出来上がってくると、当然この「外気圧」と筒の中だからこれ「内気圧」と言うね。それに対して外は「外気圧」


宇宙の原理はみんなのモノ

マナウォーター構造を公開! キット販売スタート予告-5
空気清浄器は販売止めようと思うのです。(空気清浄器は別の器具だと、かなり未来的なデザインのあれだと思う)
キット(マナウォーター)で出そうかなと思うのです。誰でもできる世界です。
要するにこの状態で(円柱)、今度は自分で作ってみて、作ったって作るの難しくない。
中に何にもないけど、中に棒を入れて蓋すればお終いなんです。
イや、ホント、わかりましたね。
だからこの部分(中心の棒)だけカットしてあるんだよね、この部分だけないわけです(円柱の蓋を開けて)。
その部分(中心の棒)だけ中に差し込んで、上から入れて蓋をしてお終い。
これ難しい?(会場笑う)


無限の智慧限りない応用を手に

だから言いたいことは安いもので儲けようではなくて、作らないと中身見えないんだよね。
だからなんでも自分で作って初めて上手になって、上手になったらいろいろできるし、理解もしやすいし。
今どんなにコンピュータ上手だって電気が発達・・・人が作ったものを覚えたって意味がない、だから自分でソフトを作らないとね。それが智慧ですね応用なっていく。きりがない応用になっていく


テネモス、語源は「我々は持っている」スペイン語 新たな時代が加速する -宇宙にたった一つの神様の仕組み-


index
社会毒に物申す人・集まりindex (主に人名で、そしてカテゴリー別に、)

  

フリーエネルギー20110514飯島秀行さん講演 後半

03 08, 2019


前半は―>フリーエネルギー20110514飯島秀行さん講演 前半
20110514故飯島秀行さん講演 後半

https://www.youtube.com/watch?v=sLY7Yp3I3dQ
2011/05/30 に公開

<動画の文字お越しです、自分自身への備忘録です>


自然の法則に悪があったら世も末です、終わります。
自然の法則も宇宙の法則も、一つの大きな循環機能を持った生命体です。
その生命体に「悪」と言うのが存在するのなら、我々がどんなに逆立ちしたって、勝てるもんじゃないです。

先ほど放射線も広島においたって、ほっとけば消えちゃうよ、どうして消えちゃうのか、それは正常なサイクルしか存在してないからです。
で、まぁ逆の(しん?)で、ほっとけば確かに消えるかもしれないけど、何も腕組みしてほっとく必要もない。その自然の法則っていうのものを理解するなら、その法則に順応して促進を掛けて行ったら、わずか数日で消えちゃいます。
で、それちょっと実証したのがあります。


1:15 動画
これは日立さんのちゃんとした会社の分析結果です。(動画の表を見ながら)

この間どこだったけな、私はちょっと忘れたけど、泥と水を持ってきた福島県の飯館村で依頼されて、皆いる前で実証したやつです。あの勝手に差し替えたりしたって、大勢の前で如何様したってしょうがない。
これがセシウムってやつですね。「17000」とか「22000」とか「1400」とかあるわけですね。土壌が、一つのこれ汚泥です、福島県のね、こういった状態の土です。これを一つ処理していくんですけど、どうやったか後でちゃんと言いますけど、一つの法則に則って促進を掛けていくんです。
そうすると・・・一番下が、もっと下ですね、「17000あったのが51」です。ちょっと前後しちゃってすみません。「検出せず」とかねさっき在ったものが全部消えちゃっています。

で、これは水です。水もあの全部「検出せず」に全部消えちゃっています。

で、こういうことはどうしてやったかと言うと、法則に則って促進を掛けただけなんですね。
だから30年(Cs-137半減期のことだと思う)も待つことはないのです。だから驚く世界でもないけど、ほっとけば悪化しちゃいます。
だから見やすいように抜粋したやつですね、「17000が51」、「2200が86」、次は「検出せず」と言うやつです。パーセンテージで言うと「99%、100%、、、」どっちにしても90%超えゃっている、「90~100%」の間に入る。だから腕組みして待つことはないのです。



「絶対の悪」っていうのはなくて、「悪」って何かと言うと法則に逆らっている状態です。法則に逆らった世界を「悪」とか「病気」とか言ったんです。

法則に則っていく世界を、気の元ですから「元気」と言いますね。気が病むと書いて「病気」と言いますけど、まぁ法則に逆らうは気が病むわけです。法則に則っていれば気の元で「健康」です。たったこんだけです。これは・・・・・例がないです。


病害虫と言うのは悪いもんではないが、確かに作物につけば悪いもんです。作物は食うちゃいます、それは結果です。病害虫における結果ですね。で、彼らを作ったのはどういう状態かと言うと、我々が法則に違反した。法則に違反というか逆らった状態なんですね。逆らった状態が病害虫なんです。


その病害虫のは何のためにあるかと言うと、畑を正常化に持っていく役目なんです。
だから皆害虫とか病気とか悪いもんだと端から頭から悪いもんって押さえつけるけど、彼らからすると益虫というか自然に戻そうとする力ですね、その自然を犯したのは何かというと、無知な我々なんです。



だから放射線が漏れたり、いろんなCo2を出したり、色んな障害を出せば自然は元に戻す力があります。これそのものが我々は天災と言っているけど、天が災害を出すことはないです。天という法則が害を出したら世も末です。天に逆らったのは誰なのかですね。

昔の映画でね「天は我々を見捨てた」って映画あったけど、天は我々を絶対に見捨てません。我々が天を見捨てたんですね。
その結果、天という法則は絶対なる保守していく力自然の治癒力ですから、そのあの彼らも地球も生きていますからね、地球にいろんな害が出れば浄化能力が出ますね、戻していく力です。それそのものが我々が天災と言っている世界ですね



地震とかね、台風もハリケーンも、あれ偶然に出るもんじゃないんですね、ちゃんと絶対不和という大型洗濯機みたいなもんですね。海水がね結論からすると酸欠です。酸素がなければ酸素を補給するために、大型洗濯機になって酸素を補給しているようなもんです。

そうすると海が戻って良くなってきますね。じゃ我々が使っている洗濯機汚れってなにかということでね。

汚れたら洗濯するあっという間にやっているけど洗濯機ってなんでしょう、汚れってなんでしょう

台風と洗濯機は同じですから酸素を補給する、汚れと言うものは酸素欠乏だね、それを酸素を補充すれば汚れがなくなって行く。なんら変わらない仕組みですよね。だから洗濯機も台風も同じように。

皆体縛られて針刺されたらどうするんだろう、まぁ普通の人ならもがくね、手足縛られて針刺されてしまわればね、ハリが刺されているのは酸欠ですね。



地震ってどうやって起こるんだろう、確かに結果的にプレートがずれたり、どんな形にあくまでも結果ですね、結果です。結果を見てそうなんだというのだろうか?じゃどうしてプレートがずれんだろうか?年功が経ったらずれるんだったら自然は恐ろしい世界ですね。

自然がそんなことするんだろうか、ものをずらすのは、ずらすだけの要因がありますね。そういったところを我々がよくわきまえて人間世界を構成していかなければ天は我々を完全に見捨てるでしょうね。
我々が天を認めて、天とはあの一つの法則ですからね、自然の法則を認めて自然の法則に則った人間社会、ビジネス社会を構成しなければ永続性がないと
今まさに地球も末期がんですね、癌になったら死んでしまう、まぁ死んだってまた生まれ返ってくるんだよだから関係ないよ言うけど、それで片付けるもんじゃないけど、まぁ地球だって癌になれば、ほっとけば地球再生してくれると言ったって生まれ変わって猿の惑星見たいなもんから始まって、お前どこかで見たことあるねって笑っちゃう。できれば今の状態で進歩していきたいですね。敢えて猿になって、、、



五感として美味しいのが健康にいいのか、正常のサイクルがいいのかの違いですよね。どっちを選んでも・・・ですね、それを知らなければやはり大きな病と闘うことになるけど意味が理解できない人は病に課していくってことも過言じゃないと思いますね。

病があるっていうのはどういうことかと言うと、それを知らせるための一つの警告ですね。

癌というのも同じようなもんだと癌が無いと即死だよ。

どうして?

たとえば肺がんになっちゃっと、まぁ正常な細胞が生まれないんですよね。体の中に細胞が生まれないってことは、体の中に空間が出ますからね、体の中に空間が出たら即死です。
嘘だと思うのなら注射器を持って空気を入れればいい、そうやって殺人している人いるわねテレビ、・・・空気入れれば死んじゃいます。空間ができれば死んじゃいます。空間を埋めるためにいろんな細胞が協力して群れていくわけですよね、異常細胞です。この異常細胞がなければ即死です。

まぁ手術して取れば筋肉が収縮して元に戻るけど、原因が残っているわけです。

菌が転移することは絶対にないです、どんなもんでもね。菌があるから病気になるということは否定しませんけど、菌の繁殖できる状態を作っちゃってるんですね。菌の繁殖ができない体だったら菌は繁殖できません。

どういう状態かというと、圧の高いところには菌は繁殖できません。

だからさっき言ったように意識圧の高い人はあんまり病気にかかってこないんですね。脳梗塞になった時点で気が衰えているんです。衰えた私はたいしたことないですからね、あまり参考になんないかもしれないけど。



質疑応答

Q:参加者より質問
福島でお母さん方が、放射能のことをすごく心配されています。実践的にはどのようにアドバイスしてあげたらよいでしょうか?

A:応答
確かにこれやったら絶対に大丈夫だとは言いきれないんだけど、一つは絶対条件として圧を上げていくしかないですよね。
たとえば水一個とってもさっき放射線が消えた言うのは実際本当のことで、どうやってやったかと言うと水で圧上げていったんですよね。たが上げ方がありますけどもね。

さっき言った焼き塩ってありますよね、
インターネットがなくて・・ある意味だした・・それ見てもらうとわかると思うんだけど、わからないで興味があれば来てもらえば色々目の前でああだこうだできますけど。
子供たちちっちゃい乳児なんかとね、ミルク飲ましていくの心配よくわかる、粉ミルクを飲ますんであれば例えペットボトルの水だってまぁ放射線と変わらないと言いませんけど、さほど変わらないですよ、行先はそんなに変わらないんです。

若干変わるというのなら焼き塩入れて。
こういう言った実例があるんです。さっき海の水汲んできて腐っちゃったと言いましたね。
海ってシマアジをいっぱい仲間が釣ってきたんですよね。水槽の中に入れるんだけど、あまりいっぱいいるんで二つに分けたんで、ポリタンクで海水を汲んでできたのは、あの水槽一個分だったんですね、一個分で半分魚を入れて、半分は海水がないから焼いた塩を適量もう一個の水槽に入れたんですね、同じぐらいの量で二つに分けました。

で、次の朝見たら海水は全部死んじゃっていました、焼き塩は、生きているんです。

おかしいよね、人工海水が生きて天然のものが死んでしまって、さっきも言ったけどミネラルが決めてじゃないってことですね。
所謂大きなサイクルが原因していると思うのですね、所謂放出型で腐敗していくサイクルか、吸引して持続していくサイクルかでものが決定していると言えるんじゃないかと。


そういう意味では栄養があるか無いかと言う前に効能があるかないかですね。効能って役に立つみ水か立たない水かの世界ですね、もちろんミネラルはないよりあった方がいいですね。
しかし、放出型で効能が無い方のですね、役目を達しないような水にいくらミネラルを入れたって役目を果たさないんですよね。役目を足すような世界に入っていればOKです。と思うんですね。

乳児、お母さんのおっぱいだと安心だね。親が異常なものを食べるとおっぱいだって異常なものになっちゃいますからね。子供が悪くて親がいいとかねそんなことはないです。子供も親も上も下もなく皆平等な作りですからね。

具体的に家庭でね、塩は問いませんから、100円か200円でいいと思いますけどその程度で全く問題ないですから。やってみると良いです。覿面(てきめん)に変わっちゃうとか、肉をちょっと浸けといて焼いたり若しくは野菜を浸けといて食べてみて自分で実験してみることですね、それでも心配ならご飯にちょっと入れるとか。

本来はそんなもの入れなくても、自分の意識圧がたかまってくれば物質って存在価値がないのですね。全部自分の体でセイブします。
しかし子供には心配だと言うなら益になるが毒にはならないから、保険という意味ではちょっとやってみたらどうでしょうか、と言うことが言えると思います。どうでしょうか。



Q:参加者から質問
どのくらい(塩を)焼いたらよいのでしょうか?

A:応答
どの程度焼くかは、インターネット見てもらった方が早いですね。
言葉で言うより、こんなもんかっです、そうですこんなもんですってやつです。
それでも・・・・ちょっと遠いかもしれませんが遊びに来てください。


18:19 動画
急遽、会場にて「焼き塩」の映像をインターネット接続して、共有しました。

アルコールをかけて(まんべんなく混ぜてから)焼くんだよ、炒るんじゃない。
炒ったのと焼いたのでは違います。
フライパンで炒るってことは、たとえば爪楊枝を入れて強い火で炒ってみてください。炭にはなるけど、灰には絶対になんないです。
燃やしてしまうから灰になるんです。これは形は塩だけど実際には灰です。だから木灰を使ったって同じです。
昔から灰でね、我々小さいときは何にもないときは、食べ残した灰でね食器洗いをしました。あれに勝る洗浄力と殺菌力はないです。今灰は手に入らないから塩を使っただけです。
「これを盥(たらい)に水を入れ、かき混ぜる、微生物の培養だと思ってください。微生物をどんどん増やすってくイメージで、トマトもヘタを下にして入れるんですね、ヘタから水を栄養分を取り入れますから
20~30分付ける。水を無駄にせずに布巾などを付けて汚れが落ちますので、有効活用を。」



Q:参加者より質問
同じ焼き塩で作った水でも、飲み人の意識で結果が変わるんでしょうか?

A:応答
確かに海水も本来意識を持ってるんですけどね、それは二の次にして、今言った意味よく分かります。
焼き塩を飲んだら安全だってことじゃないんですね。どんなものでも自分の意識圧には勝てません。
この癌が治った人と治らない人は、絶対条件は圧に掛かってきます。

で、この水で治るってことは、充電能力が高いだけであって治る人と治らない人は、物質において変化じゃなくって。

たとえば癌でも、印籠を渡されてあと一か月しかないって皆諦めちゃうと、何をやっても駄目だ最後だから仏様になろうかと自分の気持ちを変えるというか、所謂気落ちするわけですね、気落ちして「無」になっていっちゃう「無」になっていくと意外と治っちゃんです。
だから「無心力」って無の力ですね。

皆死んだ気で動けってよく聞くよね、死んだ気で動いてないのです。死んだ気で動けって、・・・の世界で動くイメージがあるでしょ。
死んだ人が・・・の世界でうごくだろうか。死んだ人は無力なんです。何にも欲望がないんですよ。死んだ人ってそういうもんでしょ。
「死んだ気で動け」とは「欲望を捨てろ」ってことなんです。欲望そのものが次元意識だし、所謂「放出型」なんです。それが消えただけで治癒力です。自然の治癒力が働きます。
そこにそうやった焼き塩とかそうやった酵素とか入ってくるとものすごい相乗性を起こします。しかし、それをなくして物質に何の力もないです。


だから我々は生かされている世界だと知らないといけない。
例えばテレビがそうですね、電波がなくしてテレビは映りません。だからディスプレイが、いくら俺が50インチだとか100インチだとか威張ったところで電波が無かったらただのゴミですね。

だから電波が生きているかテレビが生きているかですね。この空気が生きているのか人間が生きているのかですね



Q:質問
原子力発電で作った電線から来ている電気はそれ自体多少なりとも放射線が放出している。
それはこの空気清浄器とどんな関係があるんですか?


A:応答
このモノを使って今のを除去してんですね。
あのちょっと絵をかくと、


25:00 動画
こんなノウハウ・・・・・・・で書いちゃっていいのかしら、、、怒られちゃう、わからないように書きます(会場爆笑)
水中ポンプがここにあります。
ポンプでこの汚染水を上げてこの底にエアーですね、入れていくんです。このフィルターは例の水の・・・ですね。このエアーを入れて回しただけなんです。で、全部消えちゃったんです。だからどれがいいんとかじゃなく、所謂サイクルを変えただけなんです。これ詳しく説明・・・自動車のエンジンがかかっていくメカニズムと同じだけど。

結論はこんなもので、土壌も同じです。
土壌は水と違ってこれに順応したもの寝かしただけですね。ハッキリ言って混ぜて寝かしただけです。もっと言えば簡単な毛布を掛けただけですね、圧をかけてね。
前に以前にやったのは2000とか2510立方メートルとか膨大な面積だから、そんなときはいちいちやってられないから、そのやり方をもういいかい、
どんなけ、大量な世界出ているん知っているから、ちっちゃな世界でいくらパーフェクトに除去したって、使えない仕組みじゃ意味ないですよね。使える状態で何%下がるかやってみたかったんですね。でもまぁまぁって言うより、それ行っちゃたんだよね。だから間違いなくサイクル何物でもないと、、、、まぁそんなもんですね(会場笑う)



Q:質問
全部汚泥処理も、福島で実際やられたのは原理は全部一緒ってことですね。

A:応答
だから、さっき、、そうです。
原理は一個しかないんです。ただやり方はありますよ。

例えばこの山道はこの軽自動車では登らないよ、あの600のエンジンじゃなかなか登らなかったら、じゃ2000ccのエンジンはどうかと言うと、いとも簡単に登っちゃう、じゃ、600のエンジンと2000のエンジンは構造が違うのですかってことだよね。
回転していく考えは全部同じですね。大きさが違うだけです。まぁ若干形は違うかもしれないけど、たとえロータリーエンジンだって爆発してモノに火付けている事実は変わらないです。
人間とって同じ、ご飯を食べると圧が上がって肉体に火をつけているにすぎないのと言えると思うのです。

原理は一個しかないということは自分の世界では確信しています。

信じろと言うことはないけど、信じるか信じないかは、自分の言うことを信じるんじゃなくやってみたらどうですかとしか言いようがないですね。


すべて「ゼロ」に定まっているから「ゼロ」の法則とも言うんだけど、
本来は動いていない状態がニュートラルが正常値なんですね。
そこに対して動かす力というのは異常な力なんです。その異常な力を止めようとする力が自然の法則なんです。

「わかります?」(会場笑う)
まぁ分からなくてもいいんですけども、あの簡単なんだよね(会場笑う)
ハッキリ言ってね本当に簡単です。
中学の時先生に「お前はどこの高校も入れない」と先生に言われたね。だからどっか入らなくちゃまずいのかなと思ったくらいですからね。
だから難しくない小学校3年でいいと思います。レベルを下げないと、まず心理とは何かと言うと、知識を捨てることですね。
けなすことはないけど鵜呑みにしちゃイケないってことです。

さっきねモーターもビデオを見たようにね、オウムの法則でさえ成り立ちません。重たいの、軽いのは重さ関係なく浮いちゃいます。ニュートンさんに怒られちゃいますね。
だから法則はなんだろうというと、今から見出していく世界かな、一個しかないことは自分としては確信しています。信じろとは言いませんけど信じるか信じないかは、自分で実証してください


index
社会毒に物申す人・集まりindex (主に人名で、そしてカテゴリー別に、)

  

フリーエネルギー20110514飯島秀行さん講演 前半

03 07, 2019


後半は―>フリーエネルギー20110514飯島秀行さん講演 後半
20110514故飯島秀行さん講演 前半

https://www.youtube.com/watch?v=9n-EiGwcK9Q
2011/05/30 に公開

<動画の文字お越しです、聞き取れない部分も(私の能力不足)があります>


元々我々は、宇宙の中の存在で、地球も宇宙の中の存在で、フリーエネルギーの中に存在するんですね。

自然の法則の中に存在しているのであって、敢えて勉強したり、学んだりする世界じゃない、日常生活にも溶け込んでいる世界なんだけど、それがなかなか見出してこない

例えば我々が生きている中に、考えて髪の毛が伸びたり爪が伸びたりしてる人はいないですね。

自然に伸びていく、じゃそれどうしてなんだろうと、素朴な質問がなく、髪の毛が伸びたら床屋さんへ行く、爪が伸びたら爪を切るとかまぁ当たり前にやっている世界であって、当たり前に動いている世界に興味がないだけで、そこにちょっと目を向けると、意外とまぁ面白いというか、先ほど紹介して話されたように今まで・・・ちょっと違う世界がある。まぁちょっとって、相当違うですけど(会場笑う)

まぁ自分がやってきた中でおいては、色んな法則があるんじゃなく、すべてのものが一つに繋がっていると、どんなものでも万象万物たった一つのメカニズムで動いているにすぎないんだと、言うことを基本に追及してきて、今のところその答えに対しては否定なく自分では正しいと思っているわけだけど、まぁちょっと簡単に抜粋してきたテープDVDがある、それを見ながら簡単に説明していきたいと思います



2:22 動画
まぁ、俗にいう永久運動を起こすという世界なんですけど、まぁ、俗にいうモーターなんです。

で、これはどういうことかって言うと、

まぁ、電圧は使ってるんですけど、
電流というのはもう全く、、、今は動いていますが、回転がどんどん上がれば上がるほど電流値が下がっていくのですね。
だから最後には「ゼロ」になってしまいます。
「ゼロ」でずーっと壊れるまで動くんですけども、

どうしてそうやって電流がなくてもものが動くのかという一つの疑問というか

従来のモーターは電気を流しっぱなしにおいて、「出して出してはい出して」、「使って使ってはい使って」のかたちで回っているもんだから、電流は電圧において比例して消耗していくと。
でもこのモーターは電気を「出して作って」「出して作って」一種の呼吸をもたらしていくんですね、回っていく中に使っていく電気と作っていく電気が同居しているんです。
それで最終的には電流値がなくなって行く。所謂消耗が無いモーターですね。

で、こういうもんで実際に、まだまだひな形というか、人に見せるというか応用できるという難しいものがあるかもしれないけど、まぁこういったもの世の中に対して、既存のモーターとはっきりと違う世界のものが存在している。これも一種の永久性と言ったらちょっと問題があるかもしれませんが、普通のモーターからすると全くかけ離れた存在で回っていると、まぁ物質ですから永久とは言えませんけど実際に壊れるまで回っていく。
実際に興味あれば、実際に来てもらえれば、生というか現物をね、お見せして説明できるかと思います。



5:37 動画
次はこれ水なんですけど、これは水道水です。水道水をどうやって変えたかと言うと、

あとで終わってから簡単に図書いて説明したいと思いますけど。

基本的には、何かセラミックを使ったり、何かを使ってものを変えているんじゃなくて、一つの法則においといて応用してくみ上げってった仕組みを使った装置なんだって、、、基本的には何か使ってを燃やしての世界じゃないんです。
でも実際には必要ですから、必要においてそういった物質は入って入れてやっていることは事実ですけど、その力が洗浄力を出しているんじゃなく、一般的にカレーライスだったら、一瞬うちにこうやって落ちてしまいますね。
何人か、あのこの使ってもらっている人がいるかと思いますけど、そんなにこれオーバーじゃないと思います。
ほとんど変わらない状態でいくと思います。

これは糖蜜です、結構重度の高い糖蜜です。それに既存する売られている油を添加します。これをよくかき混ぜます。
俗にいう、焼き肉の食べた後とか、ドレッシングを食べた後とか想定してもらった状態です。こうなってくるとお湯でもなかなか落ちにくいです。
まぁこの程度であれば洗剤を使わなくてもまぁまぁ落ちてしまうという一つの実証例ですね。

で、こういったことがどうしてできるかと言うと

あとで、図で説明しますけども、一つの大きな法則に定まっていると、どんなものでも可能になってくると、はっきり言えるんじゃないかと思います



8:26 動画
これはちょっと長いんですけども、どこの家にもあるシャワーです。シャワーに(ちょっと早送り・・取り付けのあの)取り付けの場面なので、あまり見ていてもしょうがないんですけど(会場笑う)

あの誰でも簡単に、モンキーっていうのかな、そういう道具をちょっと使える人であればホームセンターにこういったジャバラ売ってますんでね。
シャワーぐらいでしたら、こうやって簡単に自分で取り付けることができるっというイメージっていうかそういう想定でビデオを撮らせてもらったビデオなんですけども、

この世界でもシャンプー使ったりいろんな事しますけどもあんまり極端なシャンプーを使わなくったって髪の毛の油とか汚れとかまぁまぁ落ちるんですね、洗った後にもすっきりするし、洗剤も人体にも多少影響あると言われていますけども、河川にもすべて影響を及ぼします。
用は汚れが落ちるのは敢えてケミカル的なものを使わなくても、本当にちょこっとサイクルを変えるだけで、汚れが落ちるということがあるんであれば、自分のためにも地球のためにも、まぁ越したことはない、まぁ一つの一例かなと思っています。

さっきの糖蜜ですね、糖蜜は結構頑丈で、普通の状態では落ちないと思います。
糖蜜のついたタオルですね、このシャワーはお湯を使っていますが、60度とか常識はずれじゃなくて一般的な40度ぐらいだと思いますけども、頭にかけて支障がない温度です。
で、その程度だったら頭を洗ってこのように変化するがごとく、髪の毛の汚れも大きく変化してくる支障がないという一つの実証例ですね。まぁ疑問に思っているは、やってみてもらうしかないです。



11:20 動画
写真ぐらいいい加減なものはないですからね。後ろに金魚がいます。金魚の中で、これは何が言いたかったと言うと

いわゆる電気、モーターが回っていくんだけども、どんなところでも電気取れるんだと、ただあの水そのものが電気なんですね、水も電気だし、空気も電気だし、すべての万象万物は電気現象で動いているんで、その電気モーターを回していくと、電気を作っているんじゃなくて、電気を集めてきているんですね。
このモーターも既存するホームセンターで売っている普通のモーターなんだけど、これも水道水です。水道水も電気です。

人間はロボットはとは言いませんけども、人間をロボットに例えると電気がなくなってくると喉が乾いてくるんですね、水を飲むっていうのは何を入れているかと言うと、一種の電気を入れているんですね。充電すると喉が潤ってくると、言えるんじゃないかと、実際水でモーターが回っちゃいます。
これはまた実用していくことが大事ですね。・・・・・・・・使っているわけじゃないんです。
水も電気であれば、こちら畑も電気で、、そういうことがいえると思います。



13:14 動画
これ家にある浄化槽だけど。もう15、6年ですかね、全くいじってないです。おしっこ、うんちしていきます。家族も使っていくんですが、家の浄化槽には全く糞がないんです。匂いもしません。

もし興味がある場合浄化槽を見に来いとは言えませんけど(会場笑う)
あの興味ある場合いつでもお目にかけます。



13:43 動画
これは生ごみですね。で、魚のアラとかキャベツとかレタス、ゴミじゃないんだけど、食べられるんだけど、ゴミとして見なして、今向こうに革靴はいている人がいますけども、あの人たちがこの機械を欲しいというんで、ビデオみたいな如何様じゃしょうがないから、生で見せると、実際に生で見せている状態です。

大体これは4,50分でドロンになっちゃいます。(会場ぇえ~~)
見た通り魚の骨頭、かぼちゃ、まぁゴミじゃないけど。ゴミとしてみなしたものが、山積みにして、これをある簡単な装置にかけるんですね、そうすると、みんな革靴履いて待っているので、三日も四日もまたしていくわけにはいかない(会場が笑う)
コーヒー一杯4,50分ぐらい飲んでいる間に、そこでちょっと立ち話ですね、缶コーヒーを飲みながら、見ながら、これが4,50分後の結果です。
この湯気は何かと言うと、一種の強制発酵ですね。自家発酵と違って強制的に、所謂自然の法則と言うもの、法則に促進をかけたんです。法則に逆行するとこういうわけには行かないけど、法則と言う循環性に促進をかけると、想像を絶するような変化を起こします。

さっき放射線は言わないだろうというけど、敢えて言わしてもらうと(会場笑う)

こういった世界をかけるとほとんど「ゼロ」になっちゃいます(会場からえ~ぇ、ざわざわ)
あとで実証証明もありますからお目にかけますけど。


こんなことはもう十数年前からやっているんだけど。やっているんだけど、相手は匂いですね、匂ってないと確認の上で話しているですけど、ピートマスってありますけど、ほとんどピートマスになっちゃいますね、肥料として改良剤としても使える



16:33 動画
風車です。風車も長年研究して、約1M前後ですね、0.8m風速計0.4、0.6、0.2、1mこういう風で結構回るんですね、一億掛けても回らないってテレビであったけど、回る秘訣があります、羽に秘訣があるんわけじゃない発電機を付けた実際の実践の風車です。

一般的なそよ風3m4mのちょっとした風です。普通の状態です。普通、、音って言うのは全くないです。
これで何ボルト出ているのかと言うと、実際5,60ぐらいですね。で、ボルト上げるの簡単で中のコイルの線の太さとかねいろんなものを変えるとボルトは上がってきますけど、そんなことやっても意味なくて、この風で充電できると、実用できるという所に大きな役目があるんで、役目を無視してすごいだろう50も出るぞと言っても使い物にならない事実は変わりないですね。これははっきり言って実用化の状態で持ってきたやつです。
興味があれば現物がありますからいくらでも目の前でお見せいたします。

これは縦型の風車ですね。
風車には縦と横があるだけですけど、一般的にプロペラ式が主体というかあるんですけど、今作っているプロペラ式はほとんど音がしません。
今音声消しちゃっているから音が消えているのは当たり前だけど、実際に回してみてもほとんど音が出ていない。その縦型は音がまったくしません。本当に低速で回ってもテストは振り切っちゃう。
こんなもの実際にセッティングを狂わしておけばいくらでも如何様はできるんだけど。
さっきから言うけど、充電ができないような研究は、研究じゃないし実用にならないようなものは意味がないですから、普通の風で充電とか実用にならなきゃ意味がないと、いう中でまぁまぁ実用化になっていくんじゃないかという一つは実証例です。
今風車は止めていますけども。



19:55 動画
これは模型飛行機ですけど、これ2mあります、やっとやっと走った形で、大体模型でしたらこれぐらいで飛ばないです。
あんなけゆっくり走ったら飛行機って飛ばないんですね。

で、今Uターンして帰ってきました、で、よく見るわかるんですけど、飛行機って言うのは、風に向かって飛んでいくだけど、これは逆行してたいふう(追い風?)って後ろから風が来ています、で、後ろから風が来ててあれだけケツが下がったら墜落です。
で、飛行機の研究ってことがあるんです、で、こうやって、なんていうのかな鳥がユータンするっていうのかな、このとても飛行機の動きをするんじゃないんですね。本当に蝶々トンボが羽ばたいているというか、ヒバリが羽ばたいているというか。

この飛行機の大きさに対してエンジンは、約通常の1/4です。
あの1/4で、あの長年20年以上付き合っている仲間がいて、「こんなんじゃ絶対に飛ばないよって言うだ」普通であれば飛ばない。「飛んだらどうするって言うことで、飛んだらフカヒレラーメンだということで、ちゃんとラーメン食ってきました」(会場笑う)

まぁ飛行機っていうのも航空力学っていうのもあるんですけども、自分の頭にはもうハッキリ消えちゃいましたね。
で、こんなことを4,50年やっているんだけど。
まぁ飛行機ってよく知っているつもりだったけど、まぁどうして飛ぶんだろうと思いが出てきてから徹底して繰り返していく中に、あ、飛行機って飛んでいるんじゃない、一つの変化に過ぎなんだということがイメージが湧き上がってきたときに、こんなものを4,50機ぐらい作って、同じもので、同じパターンでね、作ってやっていく中でもう確信を持ちましたね

十年ぐらいになるけど日本にひじゅうしていたことがあるんだけど、大面積なので、農業やっていたんだけど、トラクターを使って。
飛ぶ道具を作ったら行こうと思って、アメリカに行って自分の体に合わせた飛行機を作って南米に持っていたんだけど、アメリカで全部チェックしていとも簡単に飛んで行って、、、飛ぶ飛行機がなんでか自分で飛ばないんですよね。、
もちろん自分で操縦してね結果的には落として壊しちゃった。
落として壊したと、模型飛行機と違って、自分も乗っていたんだけどね、(会場笑う)まぁ引きずりだされてよく生きていたかんじだけど、骨も折らないでよかったねと言うかんじだけど、骨折った方がよかったって言っただよ。飛行機は折ったら治らないけど、骨折ったってほっときゃ治るって、「お前みたいな馬鹿はいない」と言うけどもね。

これなんか完全に止まっちゃっていますね、だからヘリコプターじゃないだけどね、どう見たって蝶々かトンボみたいなもんですね。模型飛行機といえどもこんな技はできません。
どうしてできるかちょっとあとで説明するけど。
一連のモーターから、水とか生ごみとか飛行機とかいろいろあるんだけど全部同じ原理です。どっこも変わらないです。だからあのどこが違うかは、形が違うだけであって内面的な法則と言うかメカニズムは、お掃除一つとったって、掃除洗濯とこの飛行理論はなんら変わりないです。そんなものどこに、どこを焦点を持って同じなんだと言いたくなっちゃう。聞きたくなっちゃう。
相当変わった変人なんだけど、一つの共通点というのは全部持ってます。

今作っているのは、同じ元パターンで、ほとんど羽がないです。本当に羽がないと飛ばないかとまた変な考えが、この理論が正しいならそれは飛ぶはずだってことで、まぁ一生懸命遊んで作ろうと思って作ってた時に、頭の神経がプッツンと切れちゃって今に至っては歩くのがほど遠くなっちゃって、諦めたわけじゃないんですけど、今ちょっとお休みしている。
なかなか休めと言う啓示かもしれませんけど、病院を抜け出してまで家に帰ってそうやっている世界ですから、まぁ困ったもんです。

約2mで普通の模型ではこのエンジンではまぁどんなデカいエンジンでもこうはいかないと思いますね、この時点で大体墜落ですね。自分で言うのもおかしいですが、見る人が見れば必要性があると思います。
まぁ見る人が見なくっても異常かもしれません。
これが正論であれば、蝶々もトンボもすべてのものが同じ原理で飛んでいるっと、正論もくそもなく実際に飛んでいるんだからしょうがないですね
(会場笑う)


どんなものもたった一つの原理で動いているってことを実証できるのなら、まぁ宇宙も一つの原理で動いている。
いろんな宇宙があるわけないと、たった一つの宇宙の中に地球が存在し、その地球の中に我々もすべて動植物も存在している。その中のメカニズムはいろんな法則があるんだろうかの疑問ですね、まぁここで自分がそうじゃないよと言っても信じることはないんで。
信じる信じないの前に、興味があったらやってみることですね。自分がやってみて、自分がやって経験する。
まぁ料理じゃないですけど、作ってみて上手かった不味かったってありますよね。食べなくて不味い上手いは言えませんから、人が言ったからって上手いっていう保証はないですからね。
そういう点では原理原則というものは人に聞いて鵜呑みにして覚えるもんじゃないと思いますね。


index
社会毒に物申す人・集まりindex (主に人名で、そしてカテゴリー別に、)

  

飯島秀行先生「宇宙にたった1つの神様の仕組み」日本再生!WF未来塾2/4

02 21, 2019


故飯島秀行先生「宇宙にたった1つの神様の仕組み」日本再生!WF未来塾2/4

https://www.youtube.com/watch?v=CQlpBaGTbl8
2012/11/21 に公開


<動画文字お越し 画像は動画よりお借りしました>  【ダイジェスト動画】だと思います

宇宙にたった一つの神様の仕組み

まぁ「科学」と言うのは、「常識」って言う世界を一つ一つ塗り替えていく世界。

「結果」と言うものが出、で、その「結果」はどうして出るかと言うと、常識を外れた世界で行ってみると、「結果」がでる。
「結果」が出ているのに、それは間違っているってこと本当に言えるのかなと。



そのあるニュースで微生物もどきにセシウムが消えるわけがないという…学者先生がいます。

まぁその範囲しか知らないんです。
だから「微生物」ってなんですかと言えば、この「エネルギー」であり「生命の元」なんですね。皆さんあの、微生物だというと、なんかミトコンドリアとかね、有限性の格好をしたものがチクチク動いているもんだと思うだろうけど、もちろんそれは顕微鏡で見えるからそういうもんだって、その中にも顕微鏡で見てわずか~なちっちゃな、チクチクチク動いている中に、もう無限の微生物が存在しているんです。



0.5を半分に割ると0.25、これ今の電卓って有限性の電卓だから何回か押していくと「ゼロ」になっちゃう。

しかしこれ永久に割り切れるもんじゃないんですよ。微生物っていうのは割っても割っても微生物なんです。無限の世界なんです。
ただ目には見えないし、顕微鏡でも測ることが出来ない。超ミクロの微生物です。
この超ミクロの微生物を生命体とか言うですね。この生命という微生物がいろんな形に固まってくる、その形に皆名前を付けるんです



有限性の見方では消すことはできないんですよね。この消すという時点で間違っているからです。

ものが消滅するというイメージを持っている。火をつけて燃えるとなくなっちゃんだと、消滅型を意味しているんですね。
本来は無限しか存在してないという中に有限性の考えて、有限性という物差しですべてをこう当てはめる。したがってそこに出てくる値は到底そこに当てはまるもんじゃないと、消えているんじゃないないですね変化しているんです

この世に抹殺してできるものが一物もないんです。

肉体はどんなにマシンガンでブツブツに殺したって、その肉体は形態は壊れますね、肉体形態を壊れて死と言う世界を持つけど、それを構成している「意識体」、この意識体、「心という意識体」、「素材と言うエネルギー真我」、これは絶対壊すことができない。

壊すことができるのは、形態を持つ有限性の世界だけです。

我々が有限性の世界を意識して動き過ぎちゃっているわけなんです。固定化しちゃうんですね。学校が悪いとは言いませんけど「わかったか明日テストだすよ」って固定化しちゃうんですね。だからその柔軟性がない、そこに大きな弱点というか盲点がある。
微生物がいっぱい集まってきて形体を作っているわけですけど、この微生物の力で一つ一つが変化するわけですね

だから微生物の使い方によって重金属でもセシウムでもいとも簡単に変化させることができるんです。



で、各々の心が物質を見ている、物質を意識している、この意識しているものっていう世界が実際に現れてくるわけであって、

フリーエネルギーとは字のごとく永続性な世界をフリーエネルギーと言うわけだけど、自分の心が有限性な心を持ってて、出来上がってくるものが無限性のものができるというのは、絶対にあり得ることじゃないのです。


原子力駄目だ反対だというのだったら反対するだけのモノを作らなくちゃならない

言葉だけじゃ難しいです、なんでだとこの電気だって原子力が無かったらつかないぞ、真っ暗闇でやるんか、寒くたって暖房ないぞ、、、これに慣れきっちゃった人間が電気やガスを切るというのはまず不可能ですね。
(*3.11後、実際に全原発稼働無しで、電気は足りていた、今現在も足りている、、、原発再稼働は利権その他電源以外の理由)
であればその原子力やガスに変わっていくエネルギー革命起こすしかないんですね。その中に一環としてフリーエネルギーが今現在存在しています。使用することはできます。。しかしこれ公ではなかなか難しいでしょうね。



フリーエネルギーはどういうものだと、まずは永久に回るモーターがあるんだとかね物質的に興味を示す、そういうもんじゃないんだよ。

どこに意識持っているの?
有限性の考え方持っている人に永久性のものを到底表現できる手前に理解もできないですね。
ある人は「あり得るわけがない」と言います。
この「真の我の」上にいろんな洋服を着ちゃんですね、「知識という洋服」を着ちゃんですねそれが雁字搦めになっちゃって「お前の言っている意味が分からない」っていうこと、



だから「悟り」とは何かというと知識を抜くだけなんですよ。

どんな人も今までの知識を「ゼロ」にもっていったら、どんな人だって「真我」現れてきます。
だから「荒行・苦行」悟り非ずっていろんな修行すると悟っていくんだとかね、そういう世界は絶対にないんです。

どうやったらいいのか?、

無限を意識する、いらないフイルターを抜いてしまう。いろんな勉強をして努力してこの心理をいうものをね、出て行かなくっちゃいけないから、時間も金もかかるでしょうね。

しかし生まれつき持っているわけですから、それを認めていくだけの世界なんです。

なかなか認めるのが難しいというのは、いらない知識が多すぎるんですよね。そこで抜いていくと「真我無限」という世界に到達する。これは無限を理解する無限を意識する、初めて無限と言う意識の中にモーターや水や農業が存在しているんですよね。

マクロか、ミクロかの違いなんですね。
内容的なメカニズムはまったく同じなんですね。
過去未来問わず全く同じなんですね。


そこにやっぱり意識を向けて、何ちゅうのかな真の世界に皆自然という法則に乗って行く、自然に逆らえば逆らった分だけ清算されます。



自然というと何かと言うと自然という生き物なんです

生きているもんなんです。
だから自然という生き物に逆らえば人間のやっている力は本当に些細な力なんです。いとも簡単に壊されてしまいます。

だから心理とは何かと言うと憶念ですね。

どんなものでも憶念という憶をずーっと追及して行ったらどんなものでも生命になっちゃう。

この生命のことを2語で神様っていう神様と生命同じものです。神様が固まったのが人間です。
じゃ人間はなんですかと言ったら神様なんですよ。

ただその神様は二通りあって、「自我の神様」と「真我の神様」、自我というのはいつかは崩壊する、真我に目覚めよってことなんです。生の世界として存在しているということがいえると思います。その原点を見つめていって、この悪化した地球からね良い状態を作っていきたいと思います



/動画のコメンタリー転載
ワールドフォーラム未来塾11月3日文化の日 【ダイジェスト動画】WF未来塾_4/4
「日本再生!シンポジウム~新しい科学文明の地平線を越えて~」

ぜんぶ実験で確かめた『宇宙にたった1つの神様の仕組み』
講師:飯島秀行先生(テネモス国際環境研究会理事長)

http://worldforum.jp/information/2012...
全講演を収録したDVDはコチラ ↑ 

飯島 秀行 先生プロフィール
一般財団法人 テネモス国際環境研究会 理事長、 フリーエネルギー研究家。

福島原発の近くで放射能などの有害物質を除去して、さまざまな分野から注目されているテネモス国際環境研究会の飯島先生。長年にわたり土壌、水質、大気などの汚染防止や次世代エネルギー開発など、つねに地球環境の整備について研究されてきました。大学(経済学部)卒業後、1年間、園芸の研修を受け、実家の家業(園芸農業)を継ぐ。今から18年前(1993年)に、真理伝達者に出会ったことがきっかけとなり、ボリビアでの農業プロジェクトに参加。実践体験により自然法則を体得。フリーエネルギー研究家。あたりまえの世界の実現、教科書の書き換えという目的を持っている。

テネモス技術による放射線測定結果
http://ai-yuuki-kansha.com/tenemos/index.php?shiken

一般財団法人 テネモス国際環境研究会
http://www.tenemos-ier.org/
/転載ここまで

index
社会毒に物申す人・集まりindex (主に人名で、そしてカテゴリー別に、)

  

フリーエネルギー/テネモス・飯島秀行さん講演(20111016文京シビックセンター於)

02 06, 2019


一般財団法人テネモス国際環境研究会  (ホームページ)

テネモス・故飯島秀行さん講演(20111016文京シビックセンター於)


https://www.youtube.com/watch?v=8ZRbYYbi6gk
2011/12/02 に公開

フリーエネルギーは、かなり前からとても気になっていたものです。
文字お越しのために、自分で何回も聞き(聞き取れないところもあり、聞き誤りがあるかもしれません)、文字起こしたものを読み、自分なりに赤線(色線)を引く、とても時間がかかりますが、自分にはプラスだと思っています。
長文のために、スクロールしていただくのを感謝いたします。

<動画の文字お越しです。画像は動画よりお借りしました。>


フリーエネルギーと言うことでね、今までずーっとテーマとして、色々話してきている世界があるんですけど、ヨーロッパやアメリカや日本も世界の大きな混乱期で、まぁヨーロッパ大陸でも国が倒産するという、大きな事態になってきています。
どうしてか、どうしてそういう結果に出るんだろうかって言うと、フリーエネルギーになってないです



皆フリーエネルギーと言うと、モーターとかねなんかそういったもの、
ずーっと電気も使わないで回っているんだと、
いうような思いが強いと思うだろうけども、


●この世の中はすべてフリーエネルギーなんです。
●だからこの一つの地球のなかで起こる地球そのものがフリーエネルギーだし、
●その中に存在している本来経済とてフリーエネルギーの世界に属するもんだということに皆あんまり意識してない世界だと思うのですね。
●だから、所謂フリーエネルギーと言うのは、永続性の世界をフリーエネルギーっていうし、今経済が永続なのか、終わろうとしているのかと言うと経済は終わろうとしています。完全にフリー化してないんですね。
どうしてフリー化していかないか、という世界をちょっと図を書いて説明してみたいと思います。

     


ものにはすべて「原因」と言う世界が、すべて「原因」の世界があります。
「原因」があれば必ず「結果」としてあります。
これ、「原因」と「結果」と言いますけど、

無題-b

宇宙にはこの「原因」と言うのはたった一つの法則で成り立っているんだと、どういう法則かと言うと

宇宙には蔓延している「電子」があります。
「電子」と「原子」と言う世界が、
この「電子」と「原子」ですべての「物質」が作られていきます

●この「電子」の世界、は「水の質量
●「原子」のことを「エネルギー」と言います
その物質が存在してくる。
●「電子」が「物質」の「」を作って、
エネルギー」は「物質」を「動かして」いく世界。
傍ら、形体を作って形体が、動いていく。

この中で物質と言うものの目に見えて物質ですから、テーブルも人間も動物も植物も鉱物もすべてが物質です。
すべての物質はこの電子と原子の世界で成り立っているんだと、一つの法則として成り立ってきてるんだと、そこで人間、、物質といわないかもしれませんが、物質として存在している。




って、今の経済を考えると、経済と言うのは「原因」に属しているのか、「結果」に属しているのか、という世界ですね。まぁ、一つの農業なら農業という業種がある、これがどういう状態で人間社会が営んでいるかってことです。


●例えば、まぁ花でも野菜でもいいですけど、まぁ野菜を作ったり花を作ったりします。まぁ、花を作ったりすとそこに虫が寄ってきます。まぁ、虫が寄ってくると消毒すればいいと、消毒すれば虫が死んじゃうと、それで市場とかいろんなもんに出荷して、売っていくわけですけど、
●このモノを殺して、「結果」として生まれてきた植物に、「結果」として生まれてきた虫を「結果」として殺していくんです。これは「結果」と「結果」を対処しているんですね。
●だから、この虫が来たら消毒するというのと、
もう一つの考え方として、どうしてここに虫が来るんだろう、この「原因」の世界で考えていく、あ!こういう理由で虫がくるんだ、っていうて虫が来る理由を理解して、その来ないように生産していく。
これ消毒しても、消毒しなくて「原因」をつかさどって作っても、結果的には、きれいな美しい花として存在しています。
しかし、その過程が大きく右と左にわかれてしまいます。「結果」を「結果」を対処していく世界は、まぁ野菜においては、農薬を食べていく状態ですから、人的被害、または畑のおける土壌汚染・地下汚染・大気汚染、こういうものは毎日せっせと消毒するわけですから、多かれ少なかれ蓄積されていきますね。そういう世界が今付けとして大きく帰ってくる。医療費として帰ってくる、環境改善として帰ってくる。ちょっとした天下りの・・・とはわけが違う、大きな損失として出てくる


経済とは一つの業種の「結果」として表れてくるもんであって、経済だけが動いているんじゃないんですね。一つの「結果」ですから、いまそうやって見て、今ヨーロッパのギリシャにしても、イタリア・スペインがね、非常に深刻で危ないということをテレビや新聞で報道されてますけど、まぁ、そういった世界も「結果」で「結果」を対処していく、そういった世界にまたお金を融資する、これ帰ってくるんでしょうかね。「結果」で「結果」は絶対に帰らない。「原因」が「結果」を作っているのであって「結果」で「結果」が帰った例がないのです。



そうやってものを考えていくと、どうですかね、所謂有限性の考え方で、このモノを対処していく基本的に・・・ことはないです。経済といえどもフリー化になってないんです。だからこの世はすべてフリーエネルギーで存在しているっということを、本来は知らなくちゃいけない。


しかし、フリーエネルギーだって特殊な世界であって、なかなか私たちには遠い世界で意味が理解できないわよって人が、結構、分離感を持っている人が多いと思うんだけど、まぁ、身近に日常生活に本当に身近に存在するもんであって、そこに気が付かないだけの世界。


この「結果」で「原因」を変えることはできないです。
この「結果」で「結果」を見ていく世界を、まぁ一つの、、、この「結果」の世界を「地」と言いますね。
この「原因」の世界を「天」とも言いますね。
カタカナで書くと「天ゴク」「地ゴク」です。

「天ゴク」と「地ゴク」は表裏一体として存在しているんで
「結果」を見て動いている人、「地獄の従事者」というのですね。ほとんどは「結果」を見て動いています。
だから「原因」の世界に意識を向けてくる、なぜこうなっているんだろう、どうしてこういった変化を起こすんだろう、という意識を向けて動くと、「天の従事者」と言うのですね。

天ゴクと地ゴクという場所があるんじゃない。意識の状態があるだけなんです
今生きている状態で、「結果」で生きている人が死んだところで天国には行かない。よく死ぬと天国へ行ったと言いますけど、天国へ行った例がないです。今どっちで生きているのかを理解しているのは、自分がよく知ってると思いますね。

今の地球の状態も同じです。
今地球は、北極圏にも穴が開いちゃって、オゾンホールができていると、南極北極オゾンホールができていると、
地球を人間にたとえると脳梗塞を起こしているようなもんです。
まぁ自分も脳梗塞何度も経験してきてるんですけども、
地球も一つの物質です。一つの大きな球体として存在しています。
地球の上というか中に我々が人間界として今営んで生活しています。
地球が今大きな末期がんにさらされ、大きな脳梗塞にさらされている。大きな病の中に私たちがそこに生活している。
「私は健康なのよ」と言う人いっぱいいるけど、本当に健康だと思いますか?
病気(の地球)の中に存在しているものが、健康であるはずがないんです。

必ず地球が何らかの変化を起こすと、我々は共倒れします。よく親亀がこけるとね、子亀がこけると言いますけど、
今テレビだと、南極ペンギンさんがね氷が解けちゃって15度も温度があがちゃっていると、で、暑くて死んで行っちゃうと、という報道もテレビで見たことあります。そのくらい滝のように今流れている・・・

その温暖化を作ったのは誰なのか、どこに原因があるかと言うと、温暖化現象と言うのはこの地球上で、人間以外は作ってないです
人間が作っているのであって、人間以外のゴリラとかチンパンジーがねエンジン作って燃やした例がないです。その行為を一つとっても、一つの「結果」で「結果」を見ていく・・毎日・・・ですから、Co2という産物が出ます。それが蓄積されていくといろんな大気汚染を起こす。

大気汚染とはどういうことか
この電子と原子、エネルギーこの世界を一つの生命とも言います。言葉はいろんな言い方があるけど、言っている内容は一つでね、
これを昔お釈迦様は一言で「空」と読んだんです。イエス様はこれを一言で「神」と読んだんです。
「空・神・生命・エネルギー・電子・原子」すべて同じ意味なんです。

しかし、今学校では電子工学が「水の世界だ・エネルギーってこういうものだ・生命はこういうものだ」すべて分離感で教えますね。
一つ一つの分離で、これ何?と言うとテーブルだ、これ何?と言うと、何とか何とかという形を持って教えてくる紛れもなく物質の世界です。
「結果」をいくら知ったって「原因」がどんな状態で存在しているのか理解しなかったら、「原因対処」なってこない。「結果」を「結果」で緩和してくる。もっともらしい言い方でもっともらしい行動をしてくる。しかし、その内容は「結果」で「結果」を回しているに過ぎない。

その証拠に今セシウム一個消すことができないのですね。
人間は、人間界はセシウムでは絶対滅びません、滅びるとしたら「原因」と「結果」の法則を理解してない「結果」として滅びちゃいます。
実際に経済は滅びようとしています。実際は滅びちゃってますけどね、とてつもない金額の負債出てる、それ以上にアメリカも持っています、日本だってついこの間800兆っていっていたのが今1000兆とかねわけがわからない金額に跳ね上がってきちゃってる。こんな借金返せるわけないです。毎年少しでも減っていくのなら良いのですが、毎年何十兆円と増えていくんですから、いくらお金を節約したり、余っているところから回したって焼け石に水ですね。

今やらなくてはいけないのは、この「原因」という世界に考え方を戻していく。「結果」という世界から「原因対処」に戻していく、、、人間一人一人が「結果」でもの動いていますから、
よく地球を守れとかね地球にやさしくやりなさいとか言葉で言うけど、意味が分からない「結果」として、今地球がやさしくない状態を保っちゃっている。
こうやってる時間でも南極北極の氷がどんどん溶けて、どんどん氷がなくなってきている、大気汚染がどんどん続く、この東京でも神奈川でも放射線がいろんな状態ではびこっちゃっている。一つ一つが汚染のたまり場になっている。

まぁ諸外国では毎日デモや仕事のように毎日毎日デモをやっている。デモやったところでその「結果」が「原因」に変わることはないです
デモして「結果」が「原因」に変わるんだったら、みんなプラカード持って行きましょうと声を大にして言いたいですね。

人各々が、「結果」の自分から「原因」の我に帰っていく。これを天に帰る天職と言うのですね。もしくは悟りと言います。
「結果」の自分から「原因」に帰ることを・・・悟りと言うんですね。
死んで天国に行くわけじゃない、今の状態でどういう風な生き方をしているか、どういう考え方で生きているかで、天と地が決定しているだけです。

今これからはお金という価値観がだんだん無くなってくると思います。銀行破綻は当たり前、
どんどんお金をいっぱい持っていても今までお金を得るためにせっせと汗かいて動いてきているわけですけど、
これからはお金のために動くんじゃなく、何のために生きていくんだろう、全く我々が想像がつかない時代にもう入っています。くると思いますの将来性の世界じゃないんです。現実に入っちゃってるんですね。だから今各々の一人一人が意識っという考え方ですね。

この(画像の図)エネルギーって何かというと、みなさんが各々に持っている「意識」なんです。「意識」が「エネルギー」なんです
「意識」ですから各々こうしようああしようと考えていることが世界があると思います。この考え方が「エネルギー」なんです。だから「エネルギー」と言うのは石油とかガソリンとかものを燃やすと何かが動くんだという非常に物理的な世界じゃないんです。
モノを運転していく本当の源なんです。
これが我々が持っている「意識エネルギー」、もしくは「霊エネルギー」と言いますね。この「エネルギー」を人間から抜いちゃえば死です。


霊というエネルギーを肉体から抜いたら死です
また赤ちゃんの時に生まれた時に霊エネルギーが入らなかったら死産です。人間もあの人意識がなくなったというのは死を意味していますね。意識が戻ったというと生を意味している。

肉体というのはどういうものかと言うと意識の操り人形なんです
人間と言うのは自ら生きているもんじゃないんです。生きているのは真空・エネルギー・空そのものが生きているんです。
この皆さんが吸っている空気そのものが生命体であり、生きているんです。
だから我々人間は生きているんじゃなくて生かされているんです。
・・・それなのに自分が生きているんだと錯覚を起こしますよね。
だから自分が生きていて自分が考えたんだとかね、人間初めから生きているんじゃないのに、人間が考えることないんです。
脳みその右脳だと左脳だと言いますけどね、脳みそが考えた例がないんです。


どういうことかと言うと、宇宙にはたった一つの法則しか存在していない。たった一つの法則であればすべてのメカニズムは一つに定まっています。
例えばテレビ、テレビは自ら写ることはないです。電波がなかったらテレビ映りませんよね。
じゃ電波が生きているのかディスプレイが生きているのかという選択ですね、誰もそんなこと思わないでスイッチいれて笑ったり泣いたりしてテレビを見ていると思う、しかしその「原因」はちゃんとした電波が出ている、

それと同じように、人間も電波を受けて動いていく動物
その電波を受けて動く動物が自ら考えて動いているんだと大きな錯覚を起こす。
そのことを気が病むと書くんですね。この「空」のことを何かというと「気」とも言います。じゃ空と気で「空気」です。もしくは「大気」でもいいです。
「大気と空気と神」はすべて同じもの、「気」と言うものが存在している。これはすべて同じです。
ちょっと簡単な実験をしてみましょう



例えば水でモーターが回るっていうの、皆さん見たことありますかね。
今ボトルから水を出しました(器に移し替えた)。
このモーターは特殊なもんじゃなくホームセンターで売っているもんなんです。
31:05 (動画)
回っているの見えますか?モーター回っているんです。
じゃぁ、皆さん水飲んでんの?電気飲んでるの?のやつです。
(水から)外に出しても回っています。


これは何かというと空気で拾っているんです。
「空気」は何かというと、「空は気」であり、「気は電子」である、「電子の電」と「大気の気」をとると「電気」です。これ否定できますか?

だから実際これを日常生活で行っている世界が、洗濯・掃除、洗濯ものを干していることは、濡れたものを乾かしているのです
「気」が入ってきますね、
濡れた服を着ると気持ち悪いのは、体から「酸素ですね電気」を奪われちゃうので気持ち悪いのです。
でもよく乾かしたということは気持ちいいですね、どうして?「空気中から電気とっている」からです。空気中から電気をとっているこれ否定できない現実として表れている。

これフリーエネルギーですね。
洗濯そのものがフリーエネルギーなんです


また食事作りますね料理
それも全部そう特殊な世界じゃないんだけど、みんなその分離感を持つ、分離の世界でフリーエネルギーがこういうもんだああいうもんだ、私よくわからない、分離を思っちゃんです。

本来は、生まれた時から人間はフリーエネルギーなんです。
死んで未来永劫フリーエネルギーです


例えば水でモーター回った、空気でも回った、ということはこの「空」という世界は生きている状態ですね。
だから「物質」が生きているのか「結果」が生きているのか「原因」が生きているのかという選択です。
生きているものが固まったものが「物質」なんです


じゃ、その「物質」がバラバラになったら、皆さん死んじゃうんですかって考えたことあるかなの世界です。
例えば風船があります
この中に「空気」が入っています。この「空気を」いっぱい入っているときはポンポン弾みますね。
人間もまんべんなく肉体が「空気」と一体になっているとピョンピョン跳ね回って歩いている。
しかし、いろいろ年をとったり、若しくは交通事故何かの事故でこの「空気に肉体に」、穴が開たり老化すると、この風船は萎んでしまう。
所謂中に入っている「空気」が外に出ちゃうんですね。じゃ、中に入っていた「空気」が外に出ちゃうと、
「空気」が死んじゃうんですか?
「空気」が死んじゃうなら今のモーターは回らないです。生きているから回っているんです。
じゃ、どっちが自分なのか大きな選択ですね。




この世界お釈迦は「原因」に生きるものは、四苦がないといったんです。四苦は何かと言ったら「生老病死」・死んだり・老いたり・生まれたり・病に掛かったりすることはないと、「原点」に返るということですね。
まぁ歴代の覚者としては、全部同じこと言っています。イエス様も同じこと言っています。
しかし何千年経って、今もそれを実感として証明して日常生活に応用していかない「結果」として、今の経済破綻が存在している。


「経済」とこの「心理」は分けて考えることできないのです。表裏一体として存在する
「私は心理学者だからそうやった科学的なのとはわからない」という人もいる。
「私は物理学者だから心理のことはよくわからない」という人もいる。
本来の科学者と言うのは両方知ってなくてはいけないのです。
この「原因と結果」と言うのは分けて考えることはできないのです。

人間は生命が固まった状態。生命が固まった状態を人間と言えるのです

部品だって、たとえば子供のレゴという積木というかはめ込んでいくおもちゃというのがありますね積木みたいな
あの一コマ一コマが生きているんです。それでいろんな動物になったり、植物を作ったりしている。
その元は何かと言うと生命と言う部品なんです。生命が一つの条件を持って、形体を作っていく。

じゃ、人間というのはどうして生きているのかと言うと、生きているんじゃなくて元々生きているもんなんです
生かされているもんなんです。イエス様は「肉体に生きる人は死んでいる」って言っているんですね。
肉に生きるは死って言ったんです。この世は死体がゴロゴロしていると言ったらしいですね

自分のことみんな生きていると思っている。本当は生かされているんだけど、自分は生きていると錯覚を起こしている。
もし、生かされているってことを皆実感していくんだったら、人それぞれぞれ敵対心ってあるんでしょうか?
自分が孤立して生きているから、「お前なんかに何がわかる」とかそうやった分離感ができてしまう。
しかし、たった一つの電波で生きていることを理解するなら、あの人この人と罵ることも出来るでしょうか?喧嘩のもとは分離感です。

だから釈迦は分離捨てろ慈悲の心を持てっていたんですね。
意味が分かってない。

釈迦という方とイエス様は同じ立派な科学者であって宗教家ではないです、宇宙そのものの原理を説いてきた偉大なる科学者なんです。
本来宗教が存在するのなら「ウかんむり」に示すと書きますね。宇宙を示す教えなんです。
字のごとく二つも三つもあるもんじゃないんです。

しかし、今宗教と言うと、何とか教とかなんだかんだいっぱいあります。みんな「固定概念」です。
固定概念の中に何かを生み出す力があるんでしょうか?ッテいう世界ですね
固定概念から「原因」の普遍的な考え方にチェンジする、これを天に帰る、地獄から天国に帰る世界です。
大きな悟りです。

それと今の地球とどこが違うのでしょうか?
個人的な小さな肉体がいくら頑張ったってこのデッカイ地球を治療することはできないのです。
しかし、小さいこの細胞は偉大なる生命体、大きな生命体としては、私は存在していると、地球も同じ生命体として存在していると、一体感を持って生活していくと、何が起こるんでしょう?
地球の重力になっていく温暖化防止になっていく、個人自由世界、個人が善我として認めた時に地球が蘇ってくる。

なぜ?人間一人一人と地球は表裏一体だからです。
自分の自己治癒力が地球の治癒力に当てはまる。


地球がよくなっていく。
だから本来は自分自身がよくなる、個人的な考え方えを「原因の善我」として生活を行っていくと、その中地球という世界に住んでいますから地球そのものが「結果」としてよくなってくる。


当然その人間の善我の世界はエンジンを造ってもモーターを造っても害を出すものは造らないですね。
そうするとすべて自然の治癒力が働きますから少しずつ変換した安定してフリーエネルギーが存在する
今地球を守って良くするには、いくら「お金と結果」を、何十兆というお金を持ってきても「結果」を「結果」で変えることはできません。
早いか遅いか、ちょっと遅くなるぐらいで、ぼうぼう燃え盛る火の中に札束突っ込んでいるようなもんです。一時的には消えるかなの世界もあるけど、また札束に火が付いたら入れた分だけ燃えてちゃっいます。
これが今の経済ですね。

それはどういう意味かと言うと[結果]で[結果]を回しているからです。
フリー感になってないんです。

このフリーエネルギーと言うのは日常生活そのものなんですね。特殊な世界じゃなんです

まぁ、畑とってみても連作障害なく何度作っても作物ができてくるってことは、一生フリーエネルギーってことです。
海も水も川も水もきれいだということはフリーエネルギーじゃないですか?そういう力皆持っています河川も。

それを汚しているのは誰かと?
考え方に当てはまっていかない人間が引き越したんですね。
人間の考え方が引き起こしちゃんです。
地球の存続っていうのは・・・物理的な世界では絶対に不可能なんです。
意識革命しかないのです


プラカードを持ってデモをすると、この「結果」というのが「普遍的な原因」に帰るということは絶対にないです。
むしろこうやって日曜休みにこうやって集まってもらって、もしかしたらそうかもしれないと私たちも、一日5分でも10分でもこの原因の世界に意識を向けて生活してみようと思っていることができるようになったら、世界の人がプラカードをもってデモをするよりも遥かに高いエネルギーです。変換するからですね
だから今から根拠ある世界で行動を示していかないと、腹減ってしょうがないです、歩くだけで腹減っちゃいます。アメリカあたりは、みんなピザとかリンゴとか差し入れがあるそうです、差し入れがなかったら腹減っちゃう。
しかし、日常生活でそれができるんだということになったら、空腹もそんなにひどいもんじゃないと思いますね。
意識の状態が天と地を裂けている分けているんだと、いうことを強く主張していきたいと思います。そういうことは実際に存在しているということを謳って話してみたいと思っていたんですね。



生命いろんな呼び方があります。
微生物、よく微生物を使うと放射線が消えると言います。
どうしてかと言うと微生物は生命だからです、原因の世界なんです。
微生物はこうやって動いています。この動いている世界を何というか?波動と言います。
波動と微生物と生命エネルギーと言葉の発音イントネーションは違うけど言葉の意味は全部同じなんです。


でも今言葉の発音の違うと違うものとしてレッテルを張って行っちゃう、
例えば水が固まったものは氷と言いますね、
氷が解けると水と言います。
しかし形態は氷とか水とか名前をつけると、その本質的な世界は「エネルギーと質量」、「原子と電子」がくっついているんです。
だからいろんなものがあるんじゃないんです

圧力が違ってくると
たとえばおにぎりが軽く、お寿司でもいいですけども軽く握るとボロボロとほぐれちゃう、これは柔らかい金属ですね、
ギュッと握っていくと硬くてかたくて、おにぎりだから硬くても食えないことはないけどずいぶん締めすぎちゃったよ、それが鉄だって、

圧力が違うんですね
鉄といえども一つのバイブレーション上げちゃうと溶けちゃうんですね。今の鋳物真っ赤になって溶けちゃう、
そのまま放置しておくと何になるかと言うと溶けた鉄は空気転化しますね、だからどんな物質も空気でできているんです。

だから釈迦は「空」と物質の世界を「色」と言ったんですね、「空」と「色」は同じもだと「空即是色」そういうい方をしています、、、、、それを唱えていると幸せになるっていうことではないのです、唱えたって意味が分からなくちゃ腹減るだけなんです。大事なことは意味を理解することなんです。
どうしてこんなんだろう釈迦何を言いたかったんだろう、そこでもう一歩足を突っ込んで「意識」と言う世界に到達してくる、これ以外に地球の存続はないです。
今、放置しとけばあと数か月で大きな問題が出るでしょうね。




「私は健康でどこも悪くないのよ」って言いている人ほど非常に大きな病気ですよね、気が病んじゃってます。
所謂サイクルが違っちゃってる、「結果」を「結果」を対処、健康な人はいないです。
「健康で元気」とは、「気の元」って書きますね。
この「原因」の世界を気の元になっている。気が「結果」で動いていると気が病んじゃんです。何やってんだよ、と病じゃんです。何というかと病気と言います。


●病気を治すには肉体治療は手が折れちゃったり、そういうときは貼ったり切ったりすることは大事ですけども・・・

●精神的な面はどんなお医者でも治すことができないのです。精神的な世界を治すのは自己治癒力っていって自分そのものが大気空気だという強い意識の中に生まれてくる。これを大きな治癒と言う。何事も回っていくものは一物もないです。
土橋先生のほうで、医学の面でも色々お話があるかもしれない。



最後に一つ言っておきたいのは、
「結果」の世界では「丁半」があります。
「結果」と言うのは、「丁半と言うのは成功と失敗」です。
やってみなくちゃわからないという丁半がある。
しかし「原因」の世界には「丁半がない」です。
絶対の善しかないのです。
悪っていうのは存在してないのです。


悪が存在してないんだったら、じゃ癌と言う病気は、どこをもって善いんだろうと考えてみてください。
癌になっちゃたらほっとけば死んじゃうでしょ、死んじゃう病気がどうして善いんだろう、考えたことありますかね?


癌という病気がなかったら人間は即死です
どんな病気でも即死を防げています。

癌細胞がどうして生まれてくるか?
癌細胞が消えるか消えないかは、その人の意志力ですね。
そのために最後の警告として執行猶予が付くようなもんです。
余命1か月とかね、あと半年とかね、だいたいそうやって大雑把に見えてくる世界がある。
その期間の中に考え方をただせと、「意識」を「結果」から「原因」に返せと、これ以外に治療する方法がないんです。
一応取り除くでしょ癌を、治ったという錯覚を起こす。
確かに癌細胞は治ったと思うけど、作られてくる意識がしっかりしてますから、また再発する人もいます。菌が転移したとかね増殖を起こしたとかね、そういう言い方をするけど、本来そういう人は意識が癌という細胞を作っていると言えるんじゃないかと、思いますね。   限られた時間なんで・・・・

天と地は死んでいくところじゃないと、今の状態がどういう意識で存在しているかで、天国と地獄が存在しているんだと、すべては一つに定まっているんだと、言葉の意味ですら一つなんだと、そこを肝に銘じて、1日5分でも10分でもいいから、そこを意識して動くことが自己治癒力とともに地球救済になってくる。
自分は地球と表裏一体です
金かからないね。
今の状態は、やってみてくださいと悠長なこと言えない。
いつ壊れちゃうかわからない状態だから、ぜひお願いしたいという気持ちで今立たしてもらっています。
そういうことで、皆意識を集中して頑張っていかないと、日本とて、債務は返ってかない世界ですから、明日は我が身ですからみんなで頑張っていきたいと思います。どうもありがとうございました。



/動画のコメンタリー転載
テネモス国際環境研究会・飯島秀行理事長
医師・土橋重隆先生
コラボ講演会

2011/10/16収録よりお届けです。

[主催者] さちラボラトリー
[撮影・編集] えばぁプロデュース
[制作・提供] ENN
/転載ここまで

index
社会毒に物申す人・集まりindex (主に人名で、そしてカテゴリー別に、)

  
プロフィール

恵

Author:恵
独自の作品を創る

ランキングサイト
にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
参加カテゴリー変更(「花のある暮らし」ー>「アートのある暮らし」へ)




バランス
■物質と物質が創るあの魅了空間が好き
■物質と物質が混ざり魅了する形が好き
最新記事
カテゴリ
IKEBANA (1191)
 春 3-5 (295)
 夏 6-8 (314)
 秋 9-11 (276)
 冬 12-2 (301)
 他 (5)
――――――――――――――― (0)
index (30)
 内海聡♪ (2)
 ☆うつみんの質問会☆ (1)
 町田宗鳳・パワートーク☆ (0)
 食事♪ (0)
 食事療法のイロハー (1)
 薬膳の基本! (1)
 薬害の実態! (1)
 食に関する社会毒 (1)
 食品調味料 (1)
 ?な食関連色々! (1)
 健康と病気の本質 (1)
 根本療法・ (1)
 気&精神 (0)
 精神医学基本計画 (1)
 発達障害とは (1)
 免疫の基礎・・・・ (1)
 シェディング・ (2)
 枠珍・・・ (1)
 レプリコンワクチン! (1)
 酸化グラフェン (1)
 イベルメクチン嘘 (1)
 陰謀論のほんとと嘘・・・ (1)
 東京都行政の問題点 (1)
 東京都の問題点 (1)
 移民政策についてー☆ (1)
 うつみん著作を振り返る♪ (1)
 内海聡Twitterほか (1)
 うつみんの動画URL&FB紹介 (1)
 匿名医師Nの健康講座☆ (1)
 匿名医師Nの健康解説☆ (1)
 野菜セミナー (1)
――――――――――――――― (0)
フリーエネルギー! (7)
――――――――――――――― (0)
社会毒 (539)
 真弓定夫☆ (3)
 内海聡♪ (400)
 内海聡Twitterほか (93)
 枠珍/// (24)
 ほかの☆記事動画 (7)
 ――――――――――――― (0)
 市民が作る政治の会! (7)
 自然農法!無農薬無肥料 (2)
 ――――――――――――― (0)
 安保徹 (免疫学者) (2)
 ジェイ・エピセンター☆ヒップホップ☆ (1)
――――――――――――――― (0)
リンク (3)
 保存しておくサイト・記事・動画集 (2)
 リンク集 (1)
――――――――――――――― (0)
占いを見る (2)
雑多 (5)
コメント欄! (1)
ブログに、、ついて (1)
かり (2)
ふし (0)
メモ (0)
めも (0)
内海 聡 by Twitter
■なんの専門医かよく聞かれるけど、元は消化器内科で大腸内視鏡専門医だった。東洋医学は専門家にも教えているが学会は抜けた。精神科医に間違えられるが精神科医ではない。しかし私の専門分野は精神療法であり医原病と薬害治療だ。精神療法は私の映画でもみてもらいたいが、奇特なことしかしてない。
内海 聡 by GETTR
■私は政治家を目指すことを決めている。やらなければ完全に奴隷に堕する。ロボットのまま死ぬことになる。 http://cbkei.blog.fc2.com/blog-entry-3318.html
アーカイブ♪記事に貼りつけたURL
カテゴリ 「保存しておくサイト・記事・動画集」 内の記事名「<保存しておく記事・動画>」にストックしています。
リンク
検索フォーム
ランキングサイトフォロー!




IKEBANA_k花空間 /社会毒を避けたい - にほんブログ村

PV(ページビュー)アクセス
PVアクセスランキング にほんブログ村
QRコード
QR
コンパクト月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ