お正月花 D 心静かに大晦日

12 31, 2018


生餅花 カスミソウ スイトピー


今年も、生徒さんの生け花作品、私の拙い作品と社会毒の記事等をご覧いただきありがとうございました。
日本母親連盟が今年8月と、年末ぎりぎりで日本父親連盟が発足したことが、私にはとても喜ばしいことでした。

ご訪問してくださる皆様、来年も佳いお年をお迎えください。

あと、元旦の正月花を、年明けにアップいたします。ご覧いただけたら幸いです。

花器
光峰窯
花材
生餅花、カスミソウ、スイトピー

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
 作品をご覧いただきありがとうございます!
   

お正月花 C

12 30, 2018


生餅花 アンスリウム

ほぼ、生餅花だけで、
横から見ると、変形楕円形の空間があるのですが、写真では迷カメラマンなので、出せない^^;

花器
光峰窯
花材
生餅花、アンスリウム

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
 作品をご覧いただきありがとうございます!
   

お正月花 A

12 29, 2018


生餅花 アンスリウム スイトピー

生餅花、去年は個人的に、今年は、花教室お正月花に、仕入ました。
お餅が重くて生けにくいですが、素敵です。
お正月花たちを、随時記事アップいたします。

花器
光峰窯
花材
生餅花、アンスリウム、スイトピー

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆
 作品をご覧いただきありがとうございます!
   

アンバランスが面白い生け方・・・黄色い花器シリーズ 光峰窯

12 25, 2018


シュロチク ウメモドキ

剣山は、むか~~し頂いた、民芸品的な小花器についていた豆剣(直径3cm一個しかない)が入っています。
(花器から)取り出しやすい(入れやすい)剣山を見つけないと!!
花材
シュロチク、ウメモドキ

本日は2記事アップです。 いつもスクロールありがとうございます。

  
作品をご覧いただきありがとうございます!

11.「医学不要論」内海聡の内海塾

12 25, 2018


内海塾一回目は、①~⑤項目ありますが、ダイジェスト版なので、①ワクチンの動画になっています。
結論は、、『これ効くかどうかもっとシンプルに考えないと、これ効くわけありません。何にもワクチンは免疫を、要するに上げたりとか感染を予防する効果はゼロです』と結んであります。結論の解説が下記の①ワクチン文章です。
関連記事
IWJ 医学者・研究者グループが訴える子宮頸がんワクチンの危険性~厚労省ワクチン副反応検討部会の判断に異議 2014.2.26


11.「医学不要論」内海聡の内海塾


https://www.youtube.com/watch?v=6nsFnpEwO9g&list=PLSKgmcUBqSed1nwFBii_VlUuHu7fmOs7G&index=11
2014/12/30 に公開

<動画の文字お越し 画像は動画よりお借りしました>


内海塾といわれると
なんか、恐れ多いって仰々しくて嫌な感じが私にもあるんですけど、そんなこと言ってもしょうがないので、10回シリーズということで、色々とね、自分が色々しらべたり勉強したりしたことを、できるだけ色々とですねこの講義というか講演というかその中で、色々お話していければという風に思っておりますので10回シリーズですけど、よろしくお願いします。

で、今日は10回シリーズの一回目だということで
僕が著書として白い本で出した「医学不要論」という本があるんですけど、まその中身を中心に今日お話しするということで、僕の講演とか聞いたことある方にとっては、今日の話とか大体10回までありますけど、3回ぐらいまでの話は基本的にはその内容をほとんど踏襲してますので、なんか聞いたことあるみたいなそんな話になると思いますけど、多分5回以降の話とかは、多分今までの講演の中では、すべてほとんど話したことがないような内容、もしくは話してもどこかですごく特殊な講演とかね、たとえば船瀬さんと僕が4月29日の時にやった講演があるんですけども、あれだけはね今までの話と違う話しかしてはいけないと、そんな変な講演があったんですけども、そういうところで話しする内容をさらに詰め込んだ話を5回目のところ5回目以降になるので、それの特に今日は一回目ですから、まぁ復習という感じで皆さんには聞いてもらえればと思いますし、初めて聞く方にとってはもちろんですね「え、マジ」みたいな感じの内容も入っているという風に思いますので、政治に役立てて欲しいと思います。

今日は、結構セラピストの方とか、結構いろいろ影響力のある方もいらっしゃっていると思うのですけども、そういう人たちが何かしら掴んで行ってもらって、また周囲の人に色々教えてたりとかね、影響を与えてもらうと、そういう切っ掛けにもしてもらえたらと思いますので、その点宜しくお願いします。


今日は、「医学不要論」の中身ということになりますので「薬」とか「医療のカラクリ」「背景」とかそういう風なお話をしていきたいと思います。

無題-1

前半は①②を中心にしてお話してまいります。あと休憩に入ると思います。
最初は ①ワクチンのお話をして、そのあとは ②抗がん剤とか癌に関するお話して、休憩をはさんで。そのあと ③精神薬・精神医学系、僕が最初の方で活動したよくやった話ですけど、あと ④献血とか輸血の話ですね、新刊で、船瀬俊介さんと一緒に血液の本を書いたりしたんですけど、そういう輸血とかの話をして、そのあとには ⑤生活習慣病系の薬の話とかね、そういうような話を入れていって、別にこの薬だけに限らないのですねほぼすべての薬ってはっきり言ってインチキだいう風に言っても過言じゃないんですけども、インチキだという母体とか前提とか、そういうことを含めて今日は2時間ありますので、お話をしていければと思っています。


①ワクチン

ワクチンという話で具体的な各論に移っていきます。
ワクチン、僕「医学不要論」の本の中で「3つの聖水」という言葉を作りました。
この「3つの聖水」はなんだというと、
  1.精神薬 2.ワクチン 3.抗がん剤 です。
この3つ。この3つにしたのはなぜかというと、この3つに限らないんですけども、この3つに確実に言えることは、
  ▼すべてこの3つの種類、一切効果がない。
  ▼一切効果がないのならまだしもすべて有害である。
   ゼロじゃなくてマイナスなんですね、
   すべて有害であるという点で共通している。
  ▼それでもう一つ共通しているのは、
   精神薬もワクチンも抗がん剤もビックビジネスだということです。
   何兆円も動きます。

はいそれらはこの3つは共通しているんですね。だからこの3つは「3つの聖水」という風に名付けた。だからワクチンのことを一言で表現するなら、すべてのワクチンは例外なく一切効果がありません。で、すべてのワクチンは一切効果がないだけでなくすべて有害です。これは共通しているんだけども。日本の中ではこうことをいう人は医者の中で、多分僕一人でしょうね。

で、ワクチンが効かないという研究とか、そういうのもあります
ありますけども、そういうことを言ってる人もいますけども、後でスライドとか出てくると思いますけども、必ず、僕最初に講演の中でいうのは、

ワクチンというのはどういう風に作られているのか、必ず皆さんちょっと勉強するなり知るなりしてください
ということを最初に言います。

要するにワクチンにはいかなる成分が入っているかと、いかなる成分で作られているかと、必ず全部把握しておいてください。
っていうことをいうのですね。

結構全国中講演に回って、たとえば、facebookとかtwitterをやってますから、結構それ見てくる人いっぱいいるわけですよ。
いるんだけども、実際に講演に行って聞いてみて「じゃ知ってますか?」って、今からデモンストレーションじゃないですがやりますよって聞いてみても、ほとんど皆知らないです。
手を上げないというか、知らないっていうのが現実で、実際この基礎的なこと全然皆抑えてないですね。
僕ここに書いちゃっているのであれですけど、いつも講演の中では、「はい、これからワクチン作りましょう」とワクチンを作るんですね。

で、たとえばどういう風に作るかというと、

無題-2

ワクチンの作り方と成分
1.ミキサー用意  2.ウイルス  3.水銀・チメロサール  4.アルミニウム  5.ホルムアルデヒド  6.ポリソルベート80  7.グルタミン酸ナトリウム  8.抗生物質系  9.動物性の遺伝子とか動物性のたんぱく質がそのまま  10.ミキサースイッチオン

1.まずここにミキサーを用意してください
(僕の講演聞いたことある人がいるので、半分くらい・・・)
ここにミキサーが、何を入れるかというと、ワクチンを作る成分とか入れる。
で、何を入れればいいのか。

2.最初にウイルスを入れなければいけません。
インフルエンザの人の唾とかたんを入れればいい。
ウイルスはとりあえず入ったことになるっと。

3.水銀を入れる
世界中でワクチンは危険でね、こんなもの使う余地は全く値していないといわれている一番危険な物質があります。これが水銀ですよね
チメロサール、保存料として入っている、もっと違う言い方をするとアジュバンドとして入っている。
水銀が入っています。水銀はWHO世界保健機構ってね、みなさんを殺すために頑張っている組織があるんですけども、そういうWHOという組織が決めた人間の基準量、子供の許容量と比べても何倍も入っています。ワクチンを何本も何十本も打ったりすると、それ何十倍も水銀の濃度が上がって入っていくっていうことになっている。
だからこのミキサーの中に水銀を入れなければいけない。
体温計の中にある水銀か、血圧計の中にある水銀か、あれを割って水銀をどぼどぼと入れる。
これでミキサーの中に水銀が入った。

4.次何が入っているかというとアルミニウムが入っています。
で、アルミニウムが入っているものは水銀が入っていないことが多いです。
その逆も然り、アルミニウムが入っている代表格が子宮頸がんワクチンです。
アルミMS04と一緒にアジュバンドとして入っています。
だから子宮頸がんワクチンは、水銀入ってないですね。
ここのところネタだから水銀とアルミ両方入れます。
アルミ鍋を溶かしているれか適当に、
胃薬の中にアルミ山ほど入っているからそれを入れるとか、

5.次に何が入っているかというとホルムアルデヒドが入っています。
つまりホルマリンが入っています。
ホルマリンというとシックハウス症候群の源になるような物質で、発がん性がすごく強いです
IARC(WHOのがん研究専門組織)ところがあって添加物とか化学物質の発がん性のランキングで1~5まであるですけど1が一番上、発がん性が一番高い、ランキング一位ですから、発がん性があらゆる物質の中でトップクラスだという物質がホルムアルデヒドですね。
だから科学の教室なんかでカエルを漬け込んでいるホルマリンですけど、あれをドバっと入れる。
  参考記事
  国際がん研究機関(IARC)の発がん性評価

6.他にポリソルベート80は界面活性剤の一種で不妊症になる物質だといわれています。
これも要するに洗剤とあまり変わりないですね。洗剤をここに入れます。

7.他に何を入れるか、ここには書いてないですけど、グルタミン酸ナトリウムを入れます。これは味の素ですね。
このグルタミン酸ナトリウムは興奮性の毒物、違う言い方をすれば覚せい剤と同じです。グルタミン酸というのは、脳内でいうと神経伝達物質グルタミン酸がそもそもあって、そのグルタミン酸とナトリウムと結合しているのが化学物質としての味の素、だから覚せい剤的に神経伝達物質に直接作用する物質なので「はぁ、これ上手いわ」って食べちゃうそういう物質になっています。
だからそれをワクチンに入れるとどんどん脳みそがいかれるようなそういう物質です
とりあえずここに味の素を入れる。

8.で、他にも何が入っているかと、抗生物質系の物質も入っています。
ポリミキシンが入っている。これはまあ薬入れとけばいいのですけども。

9.最終的に何が入っているかというと、動物性の遺伝子とか動物性のたんぱく質がそのまま入っています。
これはなぜかというと、ワクチンのウイルスを培養するときに猿とか羊とか豚とかの腎臓細胞で培養するのが多いのですね。それらは全部たんぱく質、遺伝子はそのまま、注射の中にそのまま入っています。
たとえば、僕らが肉を食べるというのは、動物性の遺伝子とかたんぱく質はそのまま食べていますから、それはそれでどうなんだという話になりますが、これ胃の中で全部消化されてそれで小腸のなかで吸収される分にはそんなに大きな問題はありませんじゃなくてこれが直接注射の中に入って、筋肉・血管に入ってくるとこれは猛毒に早変わりします。それは拒絶反応を示すってことになって、(部位or免??)疫の暴走が始まる一つになるですね、この場合に一番強力な動物性の遺伝子・たんぱく質が子宮頸がんワクチンに入っている動物なんですね

これが蛾の幼虫です。イラクサギンウワバを使って子宮頸がんワクチンを培養している
だからここに蛾の幼虫をつぶして入れる。
で、それでミキサーのスイッチを押してかき混ぜる。

ワクチン完成。
これで全部成分が揃っている。これがまず最初に化学が産んだらって、そういうことに関係がない、あとでこっちに、科学の嘘みたいな話もしますけども、
これ効くかどうかもっとシンプルに考えないと、これ効くわけありません。何にもワクチンは免疫を、要するに上げたりとか感染を予防する効果はゼロです。

index
社会毒に物申す人・集まりindex (主に人名で、そしてカテゴリー別に、)

  
Posted in  内海聡♪

緑の葉たちをメインに、花色は添え的に

12 23, 2018


シュロチク アレカヤシ ダリア グロリオサ

どっしり(重量もあり)と、挿し口も大口^^で、深さもある花器。
たぶん大きな作品も(花材がいっぱいいる^^;)生けれる花器。
しかし、
大きな花器には小さく、
小さな花器には大きく生けたくなる人(わたし)なんです^^;;

花材
シュロチク、アレカヤシ、ダリア、グロリオサ

本日は2記事アップです、スクロールありがとうございます。

  
作品をご覧いただきありがとうございます!

食べものの毒をいかに避けるか? 内海聡氏

12 23, 2018


/全文転載 内海聡氏facebookより
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/2005794992837577
食べものの毒をいかに避けるか?

もう社会毒はFB上では当たり前のことになってきたので、それぞれのことを書いても当たり前らしくて反応が薄い。
時々面白いネタがあれば書こうとは思うが、記事として勉強するためにはまとまっていたほうがいいのかもしれない。
 
砂糖
まずは避けるべき毒の一つで無料で避けれるのも魅力。砂糖は虫歯だけでなく癌や感染症、アトピーやアレルギーや膠原病、精神病や障害児発症の強力なリスクファクター。白砂糖がダメなのではなく、てんさい糖や三温糖や黒砂糖もリスクはほぼ同じ。
 
人口甘味料
砂糖と同じかそれ以上に危険かもしれない。甘味料は食欲中枢を破壊し精神病を誘発し、知能を下げ暴力的かつ攻撃的にさせる。アスパルテームやスクラロースは発ガン性も高い。キシリトール、ステビア、羅漢果などにもかなりのリスクがある。
 
食品添加物
世界最悪の添加物国家が日本。着色料はどれも発ガン性が高く、増粘安定剤のカラギーナンは胃潰瘍の発生率が高くなる。コンビニ弁当には何十種類も添加物が入っていると言われるが、その他のものであっても変わりはない。このような毒はすぐに影響が出ないのがミソである。
 
トランス脂肪
不飽和脂肪を加熱し、水分を蒸発させ、水素を添加し、脂肪を凝固させたもの。マーガリン、ショートニングが有名だが、ほかのスーパーの油であってもトランス脂肪酸はかなり入っている。多くの病気を誘発する為海外では規制が厳しいが日本は野放し。
 
農薬
神経毒であり麻薬と類似物質であり発ガン性が非常に高い。日本の農薬規制は世界最悪レベルであり、日本のスーパーの野菜は海外に持っていくとゴミレベル。化学肥料にも問題があり添加物に近い。
 
遺伝子組み換え食品
悪名高いモンサント社が中心となって流通させている食品。ラウンドアップなどの農薬とセット販売なのがミソ。遺伝子組み換え食品は食べてもすぐに死なないが、あとで発ガン、アレルギー、自己免疫疾患、不妊や奇形や障害を生み出す。
 
牛乳
牛乳は骨を強くせず弱くするという研究が多い。特に日本人は乳糖不耐症が多く遺伝子的にも腸内細菌的にも適していない。骨を弱くするだけでなく発ガン、難病や膠原病の発症、幼児の死亡リスクを激増させる。
 
畜産と養殖
ホルモン剤、抗生物質、ワクチンなどの大量投与、せまい不衛生な場所で大半が管理され病気のものも多い。アメリカ牛やブラジル産の鳥をまず避け、大型魚などを避けるだけでもリスクは軽減。実は数日前にクスリを打つのをやめても大した意味はない。
 

スーパーの油はほぼ毒まみれで、植物油は安全という言葉自体が嘘である。キャノーラ油、ひまわり油、大豆油、ごま油などオメガ6が多くヘキサン処理されており、オリーブ油であっても健康にいいとは限らない。えごま油、アマニ油、シソ油などオメガ3が多いものも熱を加えるとダメで、せめてガラス瓶に入っているものを選ぶ。
 
フッ素
歯磨き、テフロン鍋、粉ミルク、缶詰食品、薬などに使われている。発ガン性が高い猛毒で、脳に溜まりやすく知能を低下させることが分かっている。フッ素塗布もそうだが虫歯の予防効果はないとする論文も数多くある。
 
電子レンジ
ロシアは1976年に電子レンジの使用が禁止したほど。電子レンジのマイクロ波は何もしなくても自動的に栄養不良を起こし、商品パッケージ(プラスチック容器等)からの有害物質の溶出する。内分泌かく乱物質をはじめ、発がん性物質などが含まれている。
 
水道水
アメリカでは古くから塩素と粥状動脈硬化の関係が示唆されていた。
心臓病が存在しなかった地域に、心臓病による死者が出始めた。
それだけでなく水道水にはアルミニウム、鉛、有害塗料などが入り込んでおり、水道水を多用するならせめて安くてもいいので浄水器はつけたい。
 
放射能
2011年に出てきた最後の社会毒と言ってもいいシロモノ。内部被爆と外部被爆を区別し自然放射能と人工放射能を区別すること。放射能もそうだが数年後から病気が激増し、ガン以外に様々な病気をもたらす。産地を選び測定業者を支援し流通規則を見直す必要がある。
/転載ここまで

index
社会毒に物申す人・集まりindex (主に人名で、そしてカテゴリー別に、)

  
Posted in  内海聡♪

ソフトに、優し~く生けてみました

12 21, 2018


スチールグラス リモニュームドライフラワー フウセントウワタ

花材
スチールグラス、リモニュームドライフラワー、フウセントウワタ

  
作品をご覧いただきありがとうございます!

緑色の太陽シュロチクと、グロリオサとウメモドキの赤色

12 20, 2018


シュロチク フウセントウワタ グロリオサ ウメモドキ

花器
弥富切込み
花材
シュロチク、フウセントウワタ、グロリオサ、ウメモドキ

  
作品をご覧いただきありがとうございます!

フウセントウワタと、ウメモドキ、、遊びっぽく

12 19, 2018


フウセントウワタ ウメモドキ

花材
フウセントウワタ、ウメモドキ

  
作品をご覧いただきありがとうございます!

別種類の葉と花を組み合わせて、新種の花を造作する

12 17, 2018


アレカヤシ スチールグラス テマリソウ バラ・ファーストエデションン

花器
雅峰窯。
多種多様な花形を受け入れてくれる花器(もとは器)です。
生け始めると花器が「さぁ、君のアイディア受け入れるよ」って言ってくれているような気がする♪^^
花材
アレカヤシ、スチールグラス、テマリソウ、バラ・ファーストエデションン

  
作品をご覧いただきありがとうございます!

10.「代替療法」内海聡の内海塾

12 14, 2018


10.「代替療法」内海聡の内海塾


https://www.youtube.com/watch?v=uXG8PUgkpTo&index=10&list=PLSKgmcUBqSed1nwFBii_VlUuHu7fmOs7G
2014/12/30 に公開

<動画の文字お越しです。画像は動画よりお借りしました>


テーマとしては代替療法
代替療法という言葉はあまり使いたくないのですが、第三医学とかそのような言葉を使うこともありますし、まぁ新しい医学とかそういう言葉を使うこともありますけど。
  /内海塾講座のカット版なので、下記↓の部分は動画にはなかったです。
(今日は治療方法とか解毒法とかそういうのについてお話していったりしながら、あとちょっとみなさんの目の前に並んでいるように、うちの商品というか治療法に使ったりするものなんですけど、そういうようなお話も途中で、交えながら全体的にお話していきたいと思います。)


無題-1

人間が本来なる病気って決まっている。
野生の動物も同じ、インディアンも同じ、イヌイットも同じ、アイヌ人も、古代民族もみな同じです。
それはもうここ(↑の画像)に挙げたものしかない。

  ▼1.外傷、溺水、骨折など
それは何かというと、救急性の疾患、これは現在も昔もありますね。
たとえば古代民族の死因の第一位は、不慮の事故とか外傷です。
  ▼2.感染症
あと感染症ですね、これは人類永久不滅のテーマで、これ自体は普通に存在して、
  ▼3.死産や産婦人科問題
三番目の死産とか婦人科的問題は、どちらかいうと、これは中世も問題と思ってもらった方がいい。
古代の民族はすごく死産が少なかった。アフリカの民族も少なかった。
彼らは、生み方が違います、立産だから立ちながら生むのです。
立ちながらじゃなくても、分娩台にのっかたりしない。
あの、のかってやること自体が問題、生まれにくくしているってことがありますけども、そういう問題は中世とかあと現在の産婦人科的な問題にかかってくる。
  ▼4.栄養失調
あと栄養失調は中世の問題と言った方がいいかもしれませんね。
原住民族は狩猟採集してましたから、その中には栄養素の多い狩猟したものとか動物とか食べてましたから栄養素は非常に多いという風なことで生活していたことになります。

本来は、▼1.と▼2.ぐらいしかないんですよね。
実際さっきの日本の戦前の統計だけ見てもそういうことが示されていると、だから逆説的に言うと人間は、癌にはならないし、医原病にもならないし、精神病にもならないし、難病にもならないし、膠原病にもならないし、アレルギーにもならないし、
じゃなんでなってるんだろと?という風なことを考えなければいけないし、その考えと理論を応用して、代替療法は作られているという風なことにまず気付かないといけないですよね。


無題-2

その時にまず理解しなければならないことがあります。
その中の代表格が脂溶性の毒物。

脂溶性の毒物とは何かは、字のごとく油に溶ける毒物ってことです。
その逆が、水溶性の毒物だということなりますけども、
脂溶性の毒物というのは、違う言い方をすると、現在のケミカル、バイオケミカルで作ったような、そういう環境ホルモンもこの中に入ってくるし、医学系の薬というのも全部こういうものに入ってくる。
それの一番の代表格が精神薬と薬全体になりますけど。これら全部製薬会社が作っている薬っていうのは油から作っているんですね。
もっと違う言い方をすると石油から作っています。
製薬会社に見学に行くとわかりますけども、石油タンクがボンと置いてあって、そこから抽出していろんな薬を作る、そういう構図になっていますので、あぁいう薬って油に溶けるんですよね、ちなみに農薬も同じです。農薬これ洗ってみれば油として浮いてきます。野菜なんかについている農薬とかは油みたいにして浮いてくる。
添加物も同じように脂溶性の毒物、油に溶ける毒物、トランス脂肪酸はど真ん中で油そのものですね。違法ドラッグの成分も同じように油だし、大麻、マリファナとか依存性物質とか、そういうものも全部脂溶性の毒物。プラスチックの毒も、PCBなんかも全部まさにそうです。

そうすると、脂溶性の毒物はどこにたまるかというと、
僕らの油の中に当然溜まるのです。その油の中に溜まるんですけども、油の中に溜まってもすぐには影響は出ません。
そこに一番のポイントがある。
水溶性の毒物は、どちらかというと、急性毒性を発揮します。
だから悪くなるときは急速に悪くなるんだけど、そのあとにそれを乗り切れば、そのあと影響はほとんど残らないですね。
でも脂溶性の毒物はすぐに影響を与えません
ただちに影響がないっていうやつですね。
そうじゃなくて、蓄積されることで、体がそれに反応してしまったときに影響がでる


それは一体どこに溜まるの?というと
僕らの脂肪に溜まりますから、脂肪がどこにあるか考えないともちろん脂肪の代表格、皮下脂肪とか内臓脂肪とかありますけども、ほかにも細胞そのものは脂肪の塊ですよね、たとえば細胞の膜とかも脂質の塊ですし、脳の細胞とか、神経細胞とか、そういうものも全部油の塊です。リン脂質の塊、油の塊です。
 リン脂質 wiki
そういう風なところに、こういうものはどんどん溜まっていくと、溜まっていって一定量蓄積されたところで、何か悪さをしたりとか、あと弱いときなんかにそういうものを発症したりとか、あとダブルパンチ。蓄積されても大丈夫な人もいます。そこにダブルパンチで何かしらの影響を与えるものが入ってくると、相乗効果で病気になる。

これはたとえばワクチン、ワクチンは免疫暴走させるそういう要素を持ってますから
ワクチンだけ打ってても大丈夫な子もいるんですよ、これはワクチンを打てということではないですよ。ワクチンを打っても大丈夫な子というのは、他の生活を結構気にしている人が打ってしまったが、今のところ大きな問題がないから大丈夫でしょうかとか、そういう話よく聞いたりするんですけども、ある程度砂糖とか油もんとかいろんなものを気を付けている人は、一回ワクチンを打ったぐらいでは、それはそれで毒は外に出ていく
だいたいワクチンで、後遺症のみたいなものを出ている人は、今のところ僕が観察している限りには、やっぱり食事も悪く、しかもワクチンを打っているそういう人が多いそういう印象があります。


無題-3

そういう風な脂肪性毒がたまるとどうなるか?ということを考えないといけない
こういうときは、まず歴史から考えてみましょう。
なんで昔の人はアレルギーがないんでしょうか。

僕、講演でも偶にいう話なんですけども、花粉症も全部そうなんですけども、おじいちゃんおばあちゃんに聞けばわかりますよね、昔の人はぜんぜん花粉症なんて無かった。難病とか膠原病とか自分ちのおじいちゃんおばあちゃんに聞いてリュウマチなんてほとんどなかった。

なのに何故今こんなに何千万人もいるのかということを考えないといけないですね。
今日は花粉症の話と、自己免疫性疾患の話を両方します。
まず何で花粉症が起こるのか?と考えた時に
その時に自己免疫の問題だと僕らは教わるんですね。
要するに皆さんの免疫が狂っていると、免疫が過剰に反応しているという風に教わるんです。これがアレルギーの基礎的概念西洋医学の教科書に普通に書いてあることです。

でもね、何でじゃぁ、過剰に反応するんだ?だいたいそれ過剰に反応するのかっていうことを考えないといけない。
じゃなくて、今の社会毒とか、環境ホルモンとかいろんなことを考えるときには、体の方を中心にしては考えない

  (ホワイトボードに描いた図)
こっちが100年前の花粉(A)だとしますね、これ今の花粉(B)。

  質問:
社会毒の概念とかそういうものが理解できれば、Aと、Bとは何が違うかわかりますか?
  会場の人の回答:
Bは「農薬がついている」、 Aはついていない。
Bは「空気(PM2.5とか放射能)の粉塵」 その他環境ホルモンとかいろいろ入っている。

昔100年前にはケミカル的なものはほぼないですよね。昔の文明開化という問題もあったけど
これが200年前とか300年前とかなるとますます何もついてないですよね。

そうするとね、たとえばね、僕よく講演では、これをボール(花粉)にたとえなさいと講演ではいうのですけども、ボールが飛んできたとして、

A.は何もついていないボール、これを投げたらどうしますか?たぶん受け取りますよね。
B.は汚いものと思ってください、うんこがいっぱいついていると思ってください。

  そのB.のボールが飛んできたらどういう反応をしますか?
避ける、でも避けられなかったら?では手はどういう動きをしますか?
「手で防ぐ」、では手は一体何を意味しているか分かりますか?
簡単に言うとこれは「免疫」です。


そうすると僕たちは何をするか?花粉症だったら、このうんこ付のボールが飛んできたら、そうすると、花粉症の人は何をしていますか?
「くしゃみ、鼻水、涙」を出していますね、何でくしゃみ、何で涙を流し、なんで鼻水を出すんでしょうね?
またそれをみなさんが嫌がる。
  「鼻水」は、簡単にいうと、これが来ているから洗い流している。
  「涙」もそうです、こんなうんこ付のボールが入ってくるのが嫌だから
     流している。
  「くしゃみ」は圧力で外に吹き飛ばしたいから、

これが基本的な社会毒のもたらす病気の概念。これがいわゆる今風に言うと化学物質過敏症の基本的な概念です。だから今の人たちアレルギーが山ほどあるんですよね。
でも出る人とでない人いますよね。
それもちゃんと考えなければいけない。

その人たちは免疫がより栄養状態が整っていて、そういう風のがなりにくい状態だといえるし、
さっきダブルパンチとお話ししましたけども、こういうのが外から入ってきても大丈夫という言える人たちは、体が実際のところ強い。

体が強いっていうことは何なのかと考えなければいけない。

index
社会毒に物申す人・集まりindex (主に人名で、そしてカテゴリー別に、)

  
Posted in  内海聡♪

大きめの花器に、ウメモドキを小さく生ける

12 12, 2018


スチールグラス バラ・ファーストエディション テマリソウ ウメモドキ

ウメモドキの実のつき方が、遊び心のように、誰かが貼り付けてた様に枝にくっついています

花材
スチールグラス、バラ・ファーストエディション、テマリソウ、ウメモドキ

  
作品をご覧いただきありがとうございます!

9.「歴史の真相」内海聡の内海塾

12 11, 2018


9.「歴史の真相」内海聡の内海塾


https://www.youtube.com/watch?v=TicSeOz-Ee0&index=9&list=PLSKgmcUBqSed1nwFBii_VlUuHu7fmOs7G
2015/03/06 に公開

<動画のほぼ文字お越しです。画像は動画よりお借りしました>

「歴史の真相」-1

明治維新は非常に重要ですね。二つ目のキーポイントが明治維新。
今、日本の歴史とかが腐ってどうしようもなくなっているのが、基本は明治維新から始まっていると考えなきゃいけない。
明治維新で、英雄と言われている人いっぱいいます。
坂本竜馬、西郷隆盛、桂小五郎、伊藤博文、全部どうしようもない奴らのかたまりやね。
全員、筆頭国賊ですね。でもみんなそれを応援していますってね。
フルベッキの周りにかたまって写真に写っている有名ですが。
向こうに魂売った人たちがこの明治維新。
今の日本の奴隷国家の礎を作り出した人たちを簡単に言ったら明治維新を作った人たちです。


当たり前にそこに金銭的に資金援助されてきたから
だから薩長とかいろいろありますけでも、なんであんなに戦争が、ただの小さい三国にあるにかかわらずなんでそんなに強くなったかというと、バックアップあったからということになりますね。
その、そのバックアップをしていたのがグラバーという武器商民。
その武器商人とつながったのが坂本竜馬だとよく言われていますけでも、だから戦争ができる。


最初は、向こうと戦ってコテンパンにやられたんですけども、そのあとにこいつらは使える。
日本をひっくり返して・・・俺たちの方へ持っていこうと、そういう風に、相手が白人たちが優勢学者が考えたのに、諸に引っかかったと、そういう風なことですね・・・・・

で、今ですね今の政治家のルーツっていうのは、ほとんどこの三傑から出ている。
これ非常に重要だと思います。
今の安倍晋三も田布施組になりますから、いわゆる山口県の出身者、この人たちは簡単に言ったら被差別村住人であり、その時代においても日本人だと扱われていなかった、ほかの国の人だと扱われていた、そういう人たちですね。そんな風にしてなっているんですけど、だから安倍晋三さんというのは、統一教会の出身ですね、有名な話ですよね。
統一教会どこの宗教団体?韓国の宗教団体ですね。韓国の宗教だけどそれを応援しているけど、日本のことを応援している、なんでだろうね?二枚舌でやっている

江戸の無血開城もそう、船橋の戦いも調べたらわかりますけども、いっぱい出てきます
結局護身戦争でもなんでもそうですけど、戦争ビジネスは常にそうだから、欧米が利権これに関係しているから、だから明治維新から始まって、日本中戦争になったんです
その時に武器を売ってたらふく金儲けして、金塊奪ってみたいなことやったわけですけども、そのあと国民どんどん死んでもらわないと、そのあと泥沼戦争に入って、武器が売れないと困るんですよ。
今同じことやっていますね。
安倍晋三同じことをやっていますよね、、、、、、同じことをやっているだけなんですけども、時代が変わって人が変わると、違うことをやっているように感じてしまう。そこが一番の問題ですよね。



「歴史の真相」-2

明治大正から大東亜戦争に移っていく。
これも結局は、よく言われています、茶番だったことがわかっています。
歴史ネットを調べれば出てくる話だと思います。
要するに戦争は作られた。第二次世界大戦というのも作られた。

誰が仕組んだというと、具体的に言うと日米戦争で名前が出されるのは、ハリマン、銀行ですね
ブッシュ家の支援をしていたような、まあ銀行マン。

日本にもアメリカにも両方に資金援助をしていた。
武器を買えるようにしていた。日本は向こうから武器を買ったんですよ。
今も同じような状況になりつつありますけども、そういう風にすると両方とも、アメリカの下っ端も皆死ねばいいんです、彼らにしてみれば。日本人も死ねばいいんです、もちろん。それで俺たちだけがおいしい思いをする。ずーっとやってきたのが、世の中でいう貴族とか皇族とか金持ちとか、と言われるそういう人たちだということに気付かなければいけない。

ハルノートこれも一緒ですよね
ブッシュ家の顧問弁護士、天皇家もどうしても同じになる、三井とか三菱とかそういう財閥とか出てくる。
三井がロックフェラーでしたっけ、三井がロックフェラー家の支援を得て広がってきた、三菱はロスチャイルド家の支援を得ていて、広がってきた、歴史書にも載っている。
この三井家の人たちと天皇家と結びついて共同経営していたのがCIAマックスウエル・クライマン、これもいろいろ書物に書いていますけでも、

こういう人たちがかかわっている、なんで?っていう話なんです。
天皇って戦争の被害者なのかどうか、っていうことを本来真剣に考えないといけない、そういう風な書物って世の中に山ほどあります。それをちゃんと直視しないんですねみんな。そこにたぶん問題がある。
天皇家はヒットラーの口座にお金隠したとかとか、これは陰謀論ではなくて、いろんな証拠出して書いてある本がありますけど、私の中(著書)にもその証拠を書いていますけども、探せばいっぱい出てくると思いますけども。

原爆落とされてしょうがない、しょうがなくないでしょ
そういうのも全部同じで、原爆自体は、異なる二種類の原爆を落とされたんですよね。戦争に負けていて降伏するって打診したんだけど、それわざと向こうが、アメリカが断ってきた。
実験するとか、東京大空襲をするとかは既定路線だからっていうことで、それは猿だと思っているからあたりまえなんだけど、全部蒸し焼きにしちゃえと。
原子爆弾自体はウラン型とプルトニュウム型だったかな、その二つわかれて落としているんですよね、そのあと、原爆を落として、両方ともどういう差があるのかということを実験台にした、そのために作った機関がABCC組織、どんな放射能の影響があるのか猿を実験に使おうと思って、その猿を使おうと思ってやったのと同じことをやっているのが、今の福島ということに気付けないと意味がない。

福島の放射能に関して科学の話をもちだす人がいっぱいあるんですよ、そのことに反論できるように自分でも知識的な準備を一応しますけども、そういうことは問題ではないんですよね。
歴史でいうと、同じことをされているにも関わらず、そういう観点がなければ、結局科学的なものをもちださざるを得なくなって、世の中に流布している、科学論文など、もともとは嘘っぱちだったり、捏造したりとか、たとえばICRPとかIAEAとかそういう組織って結局こういうこういう人たちの息がかかった組織だから、だからどうとでも操作したり、誘導したりすることができるんだけれども。
そういうことを考えないで、そこの科学的論文を持ち出したところで、本質的には意味がないけど、それしか持ち出せない。
こういう風な思考形態に陥っているってことが一番罠なんですね。なのにそう考える、そこに問題があることを見つけなければいけない。

ちょっと医学的っぽっくなってきます。



「歴史の真相」-3

戦前戦後ですね。医療業界、食糧業界を全部含めてですね、牛耳った人々のこの出身の母体が、みなさん聞いたことあります、731部隊。
731部隊は医学研究、、秘密部隊、そういう風なもので、満州の第731部隊の略、石井部隊とも言われている、実際にはいろんな説があります。実際いい組織だったいう人もいますけども、私はそのあとの結果を見たらそんなことないから、やっぱりそんな説は違うだろうなと私は思っている。
人体実験とか、細菌に関することよくやっていました、三行目に書いてある防疫書いてある細菌に関する研究していたのが最初で、そのために細菌の生物兵器の研究をしていたと、いう風なことも、、、にかかわっていると、それでそのあとどうなるかということを、一応知っていることが大事で、このスライドに書いてありますけど、ほんの一部に過ぎません。



「歴史の真相」-4

こういう人たちが簡単に言うと、そういう人たちは欧米人の手下になってしまったという風に考えれば、いいんだと思います。
この上で牛耳っていたのが、後で出てくる巣鴨(すがも)プリズンみたいな、児玉鴻とか、、、、いろんな人がいました。電通という組織があった、そういうところが基本的にはつながっているわけですけども、こういう医学に関するような731部隊があったんですけども、

この人たちって戦後にどうなったかと、これほんの一部です、出そうと思ったら50人くらいばばばばと、出せる手元に資料がないのと覚えてないので言えませんけども、見ればわかりますよね、武田薬品の顧問になったりとか、武田薬品は今日本で一番大きいみたいですけども、医学部の教師とか、なっています。

他にもミドリ十字、薬害エイズ問題とか。「血液の闇」という本書きましたけでも、その話しをすると、731部隊の話になる。
それは病気にさせることが、もともと前提です。その人のために助けようと思って作ったものじゃない。そういうところの支配下にもともといた人たちだから。それで病気を作って、また更に、利益を得ている、それでバレタところで、楽勝なんですよ。
「いやばれたら大変でしょう賠償金が~~」って言っているのは貧民の発想です。
グラフトなんでも外資はそうですけど、訴えられても屁の河童だとしか思っていませんから、それで訴えられて「賠償金をいっぱい払ったら、これで医学界が変わるとか世の中がきっと変わるとか」、そんな寝言皆言ってますけでねそんなことで変わることはございません。そういうことは既定路線でやっていますからね、そういうことをちゃんと抑える。こうやって見ると、ろくでもない奴の塊ですよね。



「歴史の真相」-5

まさに奴隷国家になっています。

index
社会毒に物申す人・集まりindex (主に人名で、そしてカテゴリー別に、)

  
Posted in  内海聡♪
プロフィール

恵

Author:恵
独自の作品を創る

ランキングサイト
にほんブログ村 美術ブログ アートのある暮らしへ
参加カテゴリー変更(「花のある暮らし」ー>「アートのある暮らし」へ)




バランス
■物質と物質が創るあの魅了空間が好き
■物質と物質が混ざり魅了する形が好き
最新記事
カテゴリ
IKEBANA (1191)
 春 3-5 (295)
 夏 6-8 (314)
 秋 9-11 (276)
 冬 12-2 (301)
 他 (5)
――――――――――――――― (0)
index (30)
 内海聡♪ (2)
 ☆うつみんの質問会☆ (1)
 町田宗鳳・パワートーク☆ (0)
 食事♪ (0)
 食事療法のイロハー (1)
 薬膳の基本! (1)
 薬害の実態! (1)
 食に関する社会毒 (1)
 食品調味料 (1)
 ?な食関連色々! (1)
 健康と病気の本質 (1)
 根本療法・ (1)
 気&精神 (0)
 精神医学基本計画 (1)
 発達障害とは (1)
 免疫の基礎・・・・ (1)
 シェディング・ (2)
 枠珍・・・ (1)
 レプリコンワクチン! (1)
 酸化グラフェン (1)
 イベルメクチン嘘 (1)
 陰謀論のほんとと嘘・・・ (1)
 東京都行政の問題点 (1)
 東京都の問題点 (1)
 移民政策についてー☆ (1)
 うつみん著作を振り返る♪ (1)
 内海聡Twitterほか (1)
 うつみんの動画URL&FB紹介 (1)
 匿名医師Nの健康講座☆ (1)
 匿名医師Nの健康解説☆ (1)
 野菜セミナー (1)
――――――――――――――― (0)
フリーエネルギー! (7)
――――――――――――――― (0)
社会毒 (539)
 真弓定夫☆ (3)
 内海聡♪ (400)
 内海聡Twitterほか (93)
 枠珍/// (24)
 ほかの☆記事動画 (7)
 ――――――――――――― (0)
 市民が作る政治の会! (7)
 自然農法!無農薬無肥料 (2)
 ――――――――――――― (0)
 安保徹 (免疫学者) (2)
 ジェイ・エピセンター☆ヒップホップ☆ (1)
――――――――――――――― (0)
リンク (3)
 保存しておくサイト・記事・動画集 (2)
 リンク集 (1)
――――――――――――――― (0)
占いを見る (2)
雑多 (5)
コメント欄! (1)
ブログに、、ついて (1)
かり (2)
ふし (0)
メモ (0)
めも (0)
内海 聡 by Twitter
■なんの専門医かよく聞かれるけど、元は消化器内科で大腸内視鏡専門医だった。東洋医学は専門家にも教えているが学会は抜けた。精神科医に間違えられるが精神科医ではない。しかし私の専門分野は精神療法であり医原病と薬害治療だ。精神療法は私の映画でもみてもらいたいが、奇特なことしかしてない。
内海 聡 by GETTR
■私は政治家を目指すことを決めている。やらなければ完全に奴隷に堕する。ロボットのまま死ぬことになる。 http://cbkei.blog.fc2.com/blog-entry-3318.html
アーカイブ♪記事に貼りつけたURL
カテゴリ 「保存しておくサイト・記事・動画集」 内の記事名「<保存しておく記事・動画>」にストックしています。
リンク
検索フォーム
ランキングサイトフォロー!




IKEBANA_k花空間 /社会毒を避けたい - にほんブログ村

PV(ページビュー)アクセス
PVアクセスランキング にほんブログ村
QRコード
QR
コンパクト月別アーカイブ
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ