クリと赤いグラジオラス

07 31, 2020


クリ グラジオラス


ユニークな花器は、ライフシェルズです。
花材
クリ、グラジオラス

作品をご覧いただきありがとうございます!
 にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
Posted in  夏 6-8

生け花という固定概念からはみ出してみると、

07 30, 2020


タカノハススキ モンステラ カラー葉 クルクマ キキョウ

・・・はみ出して、物事を見るのも、ひょっとして本当の事が見えたりして???、、意外とこれが良い方法かもね。

花材
タカノハススキ、モンステラ、カラー葉、クルクマ、キキョウ

作品をご覧いただきありがとうございます!
 にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

ウイルスとは何か 生物進化の視点
http://cbkei.blog.fc2.com/blog-entry-2643.html
 このようにして考えると、私たちの体内外にウイルスがいるというのは、ごく普通のことであり、ウイルスの世界の中に私たちが生きているといっても過言ではないのです。
 このように自然の成り立ちを考えると、いまのPCR検査結果は、はたして大騒ぎをするようなものなのかを冷静に考える必要がありそうです。
 これまで日本人は、大自然を敬うという思想を引き継いできました。このような思想を失うことは、最も大切なものを失うことに繋がりかねないのです

PCR検査のプログラム=遺伝子情報を見直すべき
http://cbkei.blog.fc2.com/blog-entry-2642.html
マスク社会、自粛、移動制限などは、このような欠陥プログラムを100%信用した結果であることを考え直す必要があるのです。
Posted in  夏 6-8

ウイルスとは何か 生物進化の視点/大橋眞氏 徳島大学

07 29, 2020


本日2記事目アップです。
ウイルスとは何か 生物進化の視点
 このようにして考えると、私たちの体内外にウイルスがいるというのは、ごく普通のことであり、ウイルスの世界の中に私たちが生きているといっても過言ではないのです。
 このように自然の成り立ちを考えると、いまのPCR検査結果は、はたして大騒ぎをするようなものなのかを冷静に考える必要がありそうです。
 これまで日本人は、大自然を敬うという思想を引き継いできました。このような思想を失うことは、最も大切なものを失うことに繋がりかねないのです
ウイルスとは何か 生物進化の視点 ウイルスとは何か 生物進化の視点-1

https://www.youtube.com/watch?v=9esjnqAK-68
2020/07/29
学びラウンジ
記事下部に動画があります。動画で丁寧に解説されています。

/動画コメンタリー転載
ウイルスとは何かに関する定義ははっきりしません。

遺伝子の自己複製をする有機体から生物が生まれたという進化論から考えると、生物の定義から考えたほうがウイルスの概念をつかみやすくなります。

●生物は、脂質の細胞膜で覆われた細胞からできており、遺伝子DNAを自己複製します。
●核を持たない細菌の仲間から核を持つ原生動物が出来て、やがて多細胞生物に進化、そして脊椎動物、その中に哺乳類が進化して、やがて人類が誕生しました。
●ウイルスは、すべての生物の内部や周辺にいて、生物の作り出すエネルギーを利用して、自己複製をします。

 このようにして考えると、私たちの体内外にウイルスがいるというのは、ごく普通のことであり、ウイルスの世界の中に私たちが生きているといっても過言ではないのです。

●このようにウイルスは、生物との関係の中で、地球上で遺伝子の自己複製を繰り返してきたわけです。
●ウイルスは恐ろしいというイメージは作られたものであり、ウイルスとの共存関係が基本にあるからこそ、私たちが生きてこられたわけです。
●地球の生命進化の歴史という観点から考えると、いまの私たちが居ることが、ウイルスとは共存関係が出来ていることの証です。
●ウイルスだけでなく、体内外の微生物や、多種多様な生物とは共存関係にあるからこそ、私たちが生きていられるわけです。
病原体としてのウイルスの方が稀なのです。

 このように自然の成り立ちを考えると、いまのPCR検査結果は、はたして大騒ぎをするようなものなのかを冷静に考える必要がありそうです。

テレビで騒いでいる人たちは、PCR検査は何を見ているのかを理解しているのでしょうか。
人が騒いでいるから、自分も騒ぐという程度の人たちではないかと思います。

 これまで日本人は、大自然を敬うという思想を引き継いできました。このような思想を失うことは、最も大切なものを失うことに繋がりかねないのです
/転載ここまで


https://www.youtube.com/watch?v=9esjnqAK-68
2020/07/29
学びラウンジ

 にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

PCR検査のプログラム=遺伝子情報を見直すべき/大橋眞氏 徳島大学

07 29, 2020


PCR検査のプログラム=遺伝子情報を見直すべき
マスク社会、自粛、移動制限などは、このような欠陥プログラムを100%信用した結果であることを考え直す必要があるのです。
RCR検査のプログラム=遺伝子情報を見直すべき
https://www.youtube.com/watch?v=2hjlAcxqDx8
2020/07/28
学びラウンジ
記事下部に動画があります。動画で丁寧に解説されています。

/動画コメンタリー転載
PCR検査は、ウイルスの遺伝子情報を基に類似した遺伝子の検出を行うことにより、ウイルスの有無を判定することを目的としています

この過程を、パソコンに例えると

●遺伝子の検出のためのウイルス遺伝子情報は、プログラムとデータに相当します。
●パソコン本体は、PCR検査の機器です。
●パソコン本体が優秀でも、プログラムとデータの感染度が低いと、誤判定をしてしまいます。

今回のウイルス遺伝子情報は、肺炎患者入院からサンプル採集、遺伝子決定、論文の作成、投稿までわずか10日ほどで行われた論文から来ています。

●この遺伝子情報を基にしてPCR検査に用いるには、既存のウイルスとの交差反応の有無などのチェックが必要です。
●遺伝子バンクに登録されているものはすぐにチェックできますが、
●遺伝子バンクに登録されていないものが数多く存在するために、各地から検体採集をしてチェックには多くの時間を要します。
●それに応じて、プライマー選定も再考が必要です。
もし、交差反応が消し去れない場合、既に存在する常在ウイルスの可能性も出てきます。

今回の場合は、重要なプログラムとデータは、この中国においてわずか10日ほどで作成されたものであり、問題点のチェックもしないで共用化したソフトをパソコンで走らせているようなものです。

●本当は、クルーズ船の後で見直すなど、何回も条件を見直して、最適化する必要があるのですが、検査件数を増やすために、最適化よりも、簡易化の方向になりました。
●結局、交差反応性の件は検討すらされないままになっています。

このようにPCR検査の核心の部分は、にわかに作成された中国の論文のデータを疑いもなくそのまま使っているわけです。通常の検査キット作成において当然必要な交差反応性のチェックをやってないわけですから、何が陽性反応を起こすのかわからないのです。

今回のように健常者から陽性者が出た場合は、PCR検査自身の問題であることを考えるべきですが、マスコミに登場する専門家は一切このことを口にしません。

マスク社会、自粛、移動制限などは、このような欠陥プログラムを100%信用した結果であることを考え直す必要があるのです。
/転載ここまで


https://www.youtube.com/watch?v=2hjlAcxqDx8
2020/07/28
学びラウンジ

 にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ

赤いクロトンと黒い花器、直角を作る

07 28, 2020


本日3記事目のアップで、生け花画像です。
2記事目は「珍コロで後遺症が怖いというウソ/うつみん(内海 聡)のブログ
1記事目は「スウェーデンの死亡率や死亡数が高いというウソ/うつみん(内海 聡)のブログ

ヒペリカム クロトン


花材
ヒペリカム、クロトン

作品をご覧いただきありがとうございます!
 にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ
Posted in  夏 6-8
プロフィール

恵

Author:恵
暮らしに花(生け花)を!
木・葉・花を今風に飾る
未来の子供のために社会毒を避ける
「お花のある暮らし」の様に平凡で安らぎが根底で保障された生活を望んでいます。

にほんブログ村☆FC2ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ 
重要!!!!
ワクチン重要文献
Tokyo DD Clinic院長、NPO法人薬害研究センター理事長 内海 聡 http://touyoui.blog98.fc2.com/blog-entry-599.html
最新記事
カテゴリ
いけばな教室 (475)
 生徒さん (462)
 生け花教室でのあれこれ (6)
 レッスンのご案内♪ (7)
暮らしに、少しだけお花を (884)
 春 3-5 (221)
 夏 6-8 (252)
 秋 9-11 (203)
 冬 12-2 (203)
 他 (5)
***************** (0)
社会毒に物申す人・集まりindex (2)
社会毒に物申す人・集まり (236)
 フリーエネルギー(飯島秀行他) (7)
 自然農法!無農薬無肥料 (3)
 日本母親連盟 (2)
 内海聡 (医師♪薬物専門) (48)
 船瀬俊介(ジャーナリスト) (34)
 杉田穂高 アメノウズメ塾 (17)
 ジェイ・エピセンター☆ヒップホップ☆ (1)
 大橋眞/徳島大学(学びラウンジ) (64)
 コロナ等の動画諸々、主に海外、 (2)
 他の方々の動画諸々 (2)
 近藤誠 (癌セカンドオピニオン) (2)
 安保徹 (免疫学者) (2)
 宗像久男(医師) (2)
 その他、、諸々 (2)
 市民メディアバクロスTVシリーズ編 (32)
 市民メディアバクロスTVワンショット (13)
 市民メディア☆バクロス研究所 (3)
知りたいこと (26)
私の思う色々! (3)
***************** (0)
リンク (4)
 保存しておくサイト・記事・動画集 (2)
 日本母親連盟 (1)
 リンク集 (1)
***************** (0)
雑多 (3)
コメント欄! (1)
ブログに、、ついて (1)
メモ (0)
日本母親連盟マザリー
「Ⅰ.目的」
日本母親連盟マザリーは、食・医療・農業・環境・保育などの問題を広く社会に投げかける啓蒙活動を行い、「子どもたちの未来のために母親や女性たちの力で健康な社会を産み出す」ことを目的としています。
詳しくは ↓ をご覧ください。
日本母親連盟発足
情報は ↓ こちらをご覧ください
日本母親連盟
★日本母親連盟は、総務省に申請されている、れっきとした政治組織です。
★母親だけが参加するものではなく、結婚されていない方全員、女性の方全員、すでに子育てが終わった方全員、男性の方全員が対象になっています。
★日本父親連盟もできました。詳しい情報は ↓ こちらをご覧ください
日本父親連盟
気になる、記事とyoutube
このプラグインのアーカイブは
保存しておくサイト・記事・動画集
カテゴリの「<保存しておく記事・動画>」にストックしています。

デジタル庁による国民監視社会と宇宙幻想戦争の開戦②③④/ハリマオレポート(記事)
デジタル庁による国民監視社会と宇宙幻想戦争の開戦②③④/カレイドスコープ(記事)
デジタル庁による国民監視社会と宇宙幻想戦争の開戦①/ハリマオレポート(記事)
デジタル庁による国民監視社会と宇宙幻想戦争の開戦①/カレイドスコープ(記事)
▼大田区議会議員奈須りえ氏誰が、何が、新型コロナを深刻化させているのか「無症状感染者がうつすエビデンスも、新型コロナウイルスの論文も無い」
安倍から菅への交代の意味 2020年9月19日   田中 宇氏
コロナのインチキが世界的にバレていく2020年9月2日   田中 宇氏
珍コロがなぜ海外で多いのか?(長いが重要)/うつみん(内海 聡)のブログ(記事)
Qアノンの正体/うつみん(内海 聡)のブログ(記事)
アメノウズメ塾 勤休辞退宣言宣言 人類奴隷化計画2/hibana(動画)
レムデシビルやアビガンの承認(重要)/うつみん(内海 聡)のブログ(重要記事)
【種苗法改正の意味を理解する上で】/三宅洋平オフィシャルブログ(記事)
生き残る為のアメノウズメ塾 ~人類奴隷化計画~(youtube)
(必読だよ。ここにもビルゲイツが出てくるんだよ)種苗法改正について/三宅洋平オフィシャルブログ(記事)
コロナと今後/うつみん(内海 聡)のブログ(記事)
あなたが菌以上ならわかるPCRのウソ /うつみん(内海 聡)のブログ (記事)
PCR検査のウソ/うつみん(内海 聡)のブログ (記事)
STOP THE 5G 【全国】ライブ中継/こみ☆まぐ重要 (youtube)
船瀬俊介氏が語る「stop the 5G!」その危険性/神社チャンネル重要 (youtube)
ヤバすぎる緊急事態条項の改憲発議を阻止する会 (facebook)
古館伊知郎が訴える緊急事態条項の危うさ (youtube)
貧乏人は水を飲むな。「水道民営化」を推進するIMF、次のターゲットは日本マネーボイス (記事)
参考 ジェイエピセンターさん 完全監視社会を作ろうとする者が 今何をしているのか
人工地震についての個人的意見(長文です)/内海聡 facebook (記事)
IWJ 「虐待していなくとも…」親の同意なしで一時保護、親子の面会禁止のまま長期間隔離、子どもへの危険な薬物投薬 ~医師・弁護士らが児童相談所被害の実態を報告 2014.10.15 (youtube)
検索フォーム
コンパクト月別アーカイブ
リンク&インデックス他
このブログをリンクに追加する
ブログ村 読者登録♪
IKEBANA_k花空間 /社会毒を避けたい - にほんブログ村
PV(ページビュー)アクセス
PVアクセスランキング にほんブログ村
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ