9.「歴史の真相」内海聡の内海塾

12 11, 2018


9.「歴史の真相」内海聡の内海塾


https://www.youtube.com/watch?v=TicSeOz-Ee0&index=9&list=PLSKgmcUBqSed1nwFBii_VlUuHu7fmOs7G
2015/03/06 に公開

<動画のほぼ文字お越しです。画像は動画よりお借りしました>

「歴史の真相」-1

明治維新は非常に重要ですね。二つ目のキーポイントが明治維新。
今、日本の歴史とかが腐ってどうしようもなくなっているのが、基本は明治維新から始まっていると考えなきゃいけない。
明治維新で、英雄と言われている人いっぱいいます。
坂本竜馬、西郷隆盛、桂小五郎、伊藤博文、全部どうしようもない奴らのかたまりやね。
全員、筆頭国賊ですね。でもみんなそれを応援していますってね。
フルベッキの周りにかたまって写真に写っている有名ですが。
向こうに魂売った人たちがこの明治維新。
今の日本の奴隷国家の礎を作り出した人たちを簡単に言ったら明治維新を作った人たちです。


当たり前にそこに金銭的に資金援助されてきたから
だから薩長とかいろいろありますけでも、なんであんなに戦争が、ただの小さい三国にあるにかかわらずなんでそんなに強くなったかというと、バックアップあったからということになりますね。
その、そのバックアップをしていたのがグラバーという武器商民。
その武器商人とつながったのが坂本竜馬だとよく言われていますけでも、だから戦争ができる。


最初は、向こうと戦ってコテンパンにやられたんですけども、そのあとにこいつらは使える。
日本をひっくり返して・・・俺たちの方へ持っていこうと、そういう風に、相手が白人たちが優勢学者が考えたのに、諸に引っかかったと、そういう風なことですね・・・・・

で、今ですね今の政治家のルーツっていうのは、ほとんどこの三傑から出ている。
これ非常に重要だと思います。
今の安倍晋三も田布施組になりますから、いわゆる山口県の出身者、この人たちは簡単に言ったら被差別村住人であり、その時代においても日本人だと扱われていなかった、ほかの国の人だと扱われていた、そういう人たちですね。そんな風にしてなっているんですけど、だから安倍晋三さんというのは、統一教会の出身ですね、有名な話ですよね。
統一教会どこの宗教団体?韓国の宗教団体ですね。韓国の宗教だけどそれを応援しているけど、日本のことを応援している、なんでだろうね?二枚舌でやっている

江戸の無血開城もそう、船橋の戦いも調べたらわかりますけども、いっぱい出てきます
結局護身戦争でもなんでもそうですけど、戦争ビジネスは常にそうだから、欧米が利権これに関係しているから、だから明治維新から始まって、日本中戦争になったんです
その時に武器を売ってたらふく金儲けして、金塊奪ってみたいなことやったわけですけども、そのあと国民どんどん死んでもらわないと、そのあと泥沼戦争に入って、武器が売れないと困るんですよ。
今同じことやっていますね。
安倍晋三同じことをやっていますよね、、、、、、同じことをやっているだけなんですけども、時代が変わって人が変わると、違うことをやっているように感じてしまう。そこが一番の問題ですよね。



「歴史の真相」-2

明治大正から大東亜戦争に移っていく。
これも結局は、よく言われています、茶番だったことがわかっています。
歴史ネットを調べれば出てくる話だと思います。
要するに戦争は作られた。第二次世界大戦というのも作られた。

誰が仕組んだというと、具体的に言うと日米戦争で名前が出されるのは、ハリマン、銀行ですね
ブッシュ家の支援をしていたような、まあ銀行マン。

日本にもアメリカにも両方に資金援助をしていた。
武器を買えるようにしていた。日本は向こうから武器を買ったんですよ。
今も同じような状況になりつつありますけども、そういう風にすると両方とも、アメリカの下っ端も皆死ねばいいんです、彼らにしてみれば。日本人も死ねばいいんです、もちろん。それで俺たちだけがおいしい思いをする。ずーっとやってきたのが、世の中でいう貴族とか皇族とか金持ちとか、と言われるそういう人たちだということに気付かなければいけない。

ハルノートこれも一緒ですよね
ブッシュ家の顧問弁護士、天皇家もどうしても同じになる、三井とか三菱とかそういう財閥とか出てくる。
三井がロックフェラーでしたっけ、三井がロックフェラー家の支援を得て広がってきた、三菱はロスチャイルド家の支援を得ていて、広がってきた、歴史書にも載っている。
この三井家の人たちと天皇家と結びついて共同経営していたのがCIAマックスウエル・クライマン、これもいろいろ書物に書いていますけでも、

こういう人たちがかかわっている、なんで?っていう話なんです。
天皇って戦争の被害者なのかどうか、っていうことを本来真剣に考えないといけない、そういう風な書物って世の中に山ほどあります。それをちゃんと直視しないんですねみんな。そこにたぶん問題がある。
天皇家はヒットラーの口座にお金隠したとかとか、これは陰謀論ではなくて、いろんな証拠出して書いてある本がありますけど、私の中(著書)にもその証拠を書いていますけども、探せばいっぱい出てくると思いますけども。

原爆落とされてしょうがない、しょうがなくないでしょ
そういうのも全部同じで、原爆自体は、異なる二種類の原爆を落とされたんですよね。戦争に負けていて降伏するって打診したんだけど、それわざと向こうが、アメリカが断ってきた。
実験するとか、東京大空襲をするとかは既定路線だからっていうことで、それは猿だと思っているからあたりまえなんだけど、全部蒸し焼きにしちゃえと。
原子爆弾自体はウラン型とプルトニュウム型だったかな、その二つわかれて落としているんですよね、そのあと、原爆を落として、両方ともどういう差があるのかということを実験台にした、そのために作った機関がABCC組織、どんな放射能の影響があるのか猿を実験に使おうと思って、その猿を使おうと思ってやったのと同じことをやっているのが、今の福島ということに気付けないと意味がない。

福島の放射能に関して科学の話をもちだす人がいっぱいあるんですよ、そのことに反論できるように自分でも知識的な準備を一応しますけども、そういうことは問題ではないんですよね。
歴史でいうと、同じことをされているにも関わらず、そういう観点がなければ、結局科学的なものをもちださざるを得なくなって、世の中に流布している、科学論文など、もともとは嘘っぱちだったり、捏造したりとか、たとえばICRPとかIAEAとかそういう組織って結局こういうこういう人たちの息がかかった組織だから、だからどうとでも操作したり、誘導したりすることができるんだけれども。
そういうことを考えないで、そこの科学的論文を持ち出したところで、本質的には意味がないけど、それしか持ち出せない。
こういう風な思考形態に陥っているってことが一番罠なんですね。なのにそう考える、そこに問題があることを見つけなければいけない。

ちょっと医学的っぽっくなってきます。



「歴史の真相」-3

戦前戦後ですね。医療業界、食糧業界を全部含めてですね、牛耳った人々のこの出身の母体が、みなさん聞いたことあります、731部隊。
731部隊は医学研究、、秘密部隊、そういう風なもので、満州の第731部隊の略、石井部隊とも言われている、実際にはいろんな説があります。実際いい組織だったいう人もいますけども、私はそのあとの結果を見たらそんなことないから、やっぱりそんな説は違うだろうなと私は思っている。
人体実験とか、細菌に関することよくやっていました、三行目に書いてある防疫書いてある細菌に関する研究していたのが最初で、そのために細菌の生物兵器の研究をしていたと、いう風なことも、、、にかかわっていると、それでそのあとどうなるかということを、一応知っていることが大事で、このスライドに書いてありますけど、ほんの一部に過ぎません。



「歴史の真相」-4

こういう人たちが簡単に言うと、そういう人たちは欧米人の手下になってしまったという風に考えれば、いいんだと思います。
この上で牛耳っていたのが、後で出てくる巣鴨(すがも)プリズンみたいな、児玉鴻とか、、、、いろんな人がいました。電通という組織があった、そういうところが基本的にはつながっているわけですけども、こういう医学に関するような731部隊があったんですけども、

この人たちって戦後にどうなったかと、これほんの一部です、出そうと思ったら50人くらいばばばばと、出せる手元に資料がないのと覚えてないので言えませんけども、見ればわかりますよね、武田薬品の顧問になったりとか、武田薬品は今日本で一番大きいみたいですけども、医学部の教師とか、なっています。

他にもミドリ十字、薬害エイズ問題とか。「血液の闇」という本書きましたけでも、その話しをすると、731部隊の話になる。
それは病気にさせることが、もともと前提です。その人のために助けようと思って作ったものじゃない。そういうところの支配下にもともといた人たちだから。それで病気を作って、また更に、利益を得ている、それでバレタところで、楽勝なんですよ。
「いやばれたら大変でしょう賠償金が~~」って言っているのは貧民の発想です。
グラフトなんでも外資はそうですけど、訴えられても屁の河童だとしか思っていませんから、それで訴えられて「賠償金をいっぱい払ったら、これで医学界が変わるとか世の中がきっと変わるとか」、そんな寝言皆言ってますけでねそんなことで変わることはございません。そういうことは既定路線でやっていますからね、そういうことをちゃんと抑える。こうやって見ると、ろくでもない奴の塊ですよね。



「歴史の真相」-5

まさに奴隷国家になっています。

index
社会毒に物申す人・集まりindex (主に人名で、そしてカテゴリー別に、)

  

内海聡氏 /夫婦や家族という原点に戻ること

12 06, 2018



/全文転載
夫婦や家族という原点に戻ること
https://www.facebook.com/satoru.utsumi/posts/1985182464898830

 
思考の話をしていくうえで、まず原点中の原点に立ち戻ってこなくてはいけない。
一番の原点といえばもちろん個人であり本人である。
しかし二番目に重要な原点であり社会要素は、おそらく夫婦であり恋人であり親子家族であると思う。
これがうまくいってないのに、やれ社会をよくするだ医療を変えるだ、子どもを守るだ放射能と原発を防ぐだ、政治を倒すだ経済を立て直すだ権利を守るだ、何を言っても空論以外の何物でもない。
しかしカスというのは自分と自分の家族がよくない状況なのに、人に評価されたがる欲望の元に、実践しようとするからタチが悪い(笑)。
 
講演をしていてもどこで会食をしていてさえも、この問題は必ず聞かれる問題なのである。
健康を守って良い社会を作る上で身近なのに最も重要なこと、それは悪いものを食べないことでさえなく、良いものを食べることでさえなく、社会に情報を啓蒙することでさえなく、政治を変えることでさえない。
一番大事なのは極小単位である家族、つまり親子や夫婦の関係改善でありコミュニケーションの充実である。家族や伴侶とろくにコミュニケーションもとれていないのに、どうしていろいろな問題を解決することができるだろうか。
 
しかしよくある例として、片方の親が社会のおかしさを考えるようになり、砂糖や牛乳や悪い肉、野菜の質や電磁波や放射能などを気を付けるようになると、片方の親やじじばばは「気にしすぎ」とか、「オカルト」だとか、「しょうがない」とか、「そんなわけない」とか、「医者に任せとけ」とかという話になる。
この時点で彼らは家族など信頼していない人種だと、自ら宣言しているに等しいカスっぷりである(笑)。
これは予防医学を実践したり食育治療したり、社会を変えるための市民運動をやる以前ですっ転んでいるのだ。
 
社会毒の問題を認識しだした人たちも、自分が正しいということの主張や押し付けに走ることがほとんどである。
そうすると家族内で対立が起こったりする。
通常は子どもが生まれることがきっかけで社会毒を考えるようになることも多いので、妻側が先に気付くことが多く、夫側はエラソ風ふかしながらこれを拒絶したりする。
ここに最も足りないことはやはり知識ではなくコミュニケーションや会話であり、さらにいうと信頼関係そのものである。はっきりいえば妻よりも常識や医者を信じているわけなので、離婚した方がいいくらいにその関係は破たんしている(別に勧めているわけではないが)。
 
そんな家族が健康になったり、食べ物を変えて病気の予防をしたり、いわんや社会を変えるための行動が結果として出るなどありえないことである。
ストレートに伝えても反発を招くだけなので、それが誇張であっても噓であっても、真実より相手に「疑問をもたせ気付くきっかけ作り」が重要になることがある。
真実論者はその時点でまだ子どもだと思えることはとても大切なことだ。
しかしこれが分かったところで、カスからは全く脱却できていないところがまた面白いと言える(笑)。
/転載ここまで


index
社会毒に物申す人・集まりindex (主に人名で、そしてカテゴリー別に、)

  

いまさら農薬 内海聡氏 facebook

11 14, 2018


いまさら農薬
2017.10.13
内海聡氏 facebookより全文転載
https://www.facebook.com/TokyoDdClinic/posts/682681365262888


農薬がなぜダメなのかどれくらい危険なのかということは、ほとんどの人が理解できないようです。

科学的にいえば農薬は精神薬と同じ強力無比な神経細胞毒で、脳細胞その他をどんどん死に至らしめることがわかっています。しかしここもほかの社会毒と同様すぐに影響が出ない、蓄積されていくというのがポイントでしかも脳だけでなく脂肪が存在するあらゆる場所に蓄積されて、あとになって弊害をもたらすというのが共通しています。

中国の野菜が怖いといっている人が多いようですが日本の野菜の方が怖いのです。日本は農薬消費量がハンパではなく、何十回もふるのは当たり前でこれは基準値が世界一高いから。日本人はゴミの野菜を食べているのですがほとんどの日本人は売られているからしょうがないと言いますあらゆる国で農薬の基準値がここまで高いのは日本だけであり、世界一バカが集まるナメラレタ奴隷国家が日本であるという言い方もできるでしょう。


農薬には大きく三種あり殺虫剤も農薬に含まれます。

一つは有機リン系で神経系・呼吸器系に対する毒性化合物で、第二次世界大戦前後から殺虫剤として農薬に使われています。
農業用、家庭園芸用、殺虫剤または殺菌剤、除草剤として使用されて、その後、河川に流れ出し浄水場から水道水に入ってきます。「ホス(phos)」と付く農薬はたいてい有機リン剤で神経ガスとしてサリンはその親戚です。有機リンやサリンとアルツハイマーの薬は同じ作用機序です。

ネオニコチノイド系は神経を興奮させ続けることで昆虫を死に至らしめる毒物で
最近、世界各地でミツバチが姿を消していることが話題になっています。フランス、イタリアなどでは使用が禁止されており、自然の山の水、何々山のわき水などにはすでに、大量のネオニコチノイドが混入しています。

グリホサート系はいわゆるラウンドアップ (Roundup) といわれるもので除草剤です。
有名なベトちゃんドクちゃんを生み出したのはベトナムでの245−T枯葉剤で、ラウンドアップはそれの類似品、その双方の毒物を作ったのがモンサント社です。


日本の使用量は常に世界一を争っており、韓国がその対抗馬で最近中国で農薬使用量が増えています。

最近になって日本はさらに一部で農薬基準値が引き上げられ、とっても嬉しいことになっています。一番良いのは化学農薬を使っていない無農薬のものをできるだけ選ぶこと、それが手に入らない時はホタテ洗いたい放題などで、外側についている農薬などを洗う事、家庭菜園や集団で畑を借りるなどして自分で作ってみる事、だと思います。近くにそういう店があれば買いに行くことも重要でしょう。
https://utsumin.com/products/list.php?category_id=15


国別農薬使用量(kg/ha)2009年
facebookより、画像をお借りしました。


★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
農薬がなぜダメか
内海聡氏 facebookより 上記の記事とダブっているところをカットし残りの部分を転載しました。
2014.09.30
https://ja-jp.facebook.com/utsumi.jyuku/posts/1478193292447412


ネオニコチノイド系の農薬の一つ

アセタミプリドMRLの
リンゴに対する使用基準は、
EUが0.1ppm、アメリカが1.2ppm。それに対して日本は 5ppmと格段に高い。
イチゴについては
EUは0.01ppm、アメリカは0.6ppm、それに対して日本は5ppmとなっている。
茶の葉にいたっては
EUの使用基準が0.1ppmに対して、日本は50ppmだそうで、
本当に日本が毒だらけであることがよくわかる。(現在の基準は少しだけ変わった)


海外では、このネオニコチノイドがミツバチの激減に関係あるとされ、使用禁止になったこともある。

農薬の危険性を理解できれば、農薬が散布された野菜や果物が非常に危険であることもわかる。しかも危険なだけでなく、食品の栄養素の価値も一緒にどこかへ消えてしまっている。現代の食品の中に栄養素がほとんど入っていないのは、土地がやせていると同時に農薬を多量に散布しているからなのだ。

 
ある調査によれはラウンドアップを使用している地域では

非ホジキンリンパ腫というリンパ腺のガンがその使用量と比例して増加するという報告がある。
また、フランスのカン大学の分子生物学者ジル=エリック・セラリーニ氏は人間の胎児・胎盤・臍帯細胞に有害なことを指摘している。これは、農場や芝生に散布する際の希釈レベルよりもずっと薄めたものでもそうであった。

有機リン系といえば、神経ガスとしてサリンが有名だろう。
そのような物質を日本では日々散布して、日々食べているのだ
ネオニコチノイドなども海外では使用禁止になっている国がある。日本はもちろんすべて野放しである。(facebookより転載)



  

「将来の医療費を、今、いい食べ物に使う」という考え方・・・内海聡氏facebook

11 13, 2018


内海聡氏 facebookより全文転載
https://www.facebook.com/TokyoDdClinic/posts/895303884000634
2018.11.05

「将来の医療費を、今、いい食べ物に使う」という考え方  

素材を厳選しようと思うと、どうしてもコストが高くなることを気にする人も多いでしょう。
いいものは高くつく。
たしかにそうとも言えますが、それより、もっと長い目で考えることがまずは必要です。
このまま毒まみれのものを食べていれば、いずれ病気になって、素材を厳選するコスト以上の医療費がかかることになります。しかも、そのコスト増だってたかが知れています。
そもそも一日三食を二食に減らすだけでも、これまでの1.5倍のお金をかけられるわけです。
 
二食の量は別に我慢する必要はありません。
砂糖や添加物やMSGその他が減れば、結局量は落ち着くところに落ち着きます。
あと注意してほしいのは調理の仕方です。
極端なことをいえば、私は肉でも魚でも野菜でも、生で食べるのがもっとも体にいいと思っています。
食材に含まれる栄養素を、ほぼそのまま体内に取り入れることができるからです。
生食か100度までの調理法がベターで、BBQなどに代表される料理は食材がよくても理屈だけなら体に悪いです。

 
特に肉や魚は生の方がよく、野菜は生か少し火を通すかのどちらかがベターです。
これは野菜の方が細胞壁が固く消化に悪いから。
温度の場合はよく酵素の話が出てきますが、酵素は48度で壊れるといわれます。
内温と外温を考えても50~70度になると壊れてしまうでしょう。
植物油は熱に弱く酸化しやすいこと、熱で酸化した油は体内で炎症を起こしやすいことがわかっており、よい質のものを生で食べることは重要なことだと思います。

 
医療保険は無駄の最たるものというのはこのウォールを見ている人なら常識でしょうが、その契約など速攻打ち切って食材におカネをまわせばいいだけです。
FPでさえ生命保険は価値があっても医療保険は価値がないという人は多いです
また街中で見かける自然食品の店には高いところもありますが、それが嫌なら、ネット社会の利便性を駆使して探せばいいだけです。
今、本当にいいものをおいしく食べるお金に回すか。
そのために必要な手間を、今すぐに、かけることができるか。  
すべては自分次第です


  

来年の選挙/内海聡氏facebook、是非皆さんご覧ください

10 30, 2018


「社会毒に物申す人・集まり 」 のカテゴリーは文章が毎回長くなっています。
にも関わらず、お読みいただいていることにとても感謝致しています。ありがとうございます。


内海聡氏のfacebookの記事を全面転載しました点線で囲ってある文章です
参考URLとして、記事に載せていたのですが、できれば多くの人々に読んでいただきたく、勝手に転載させていただきました。内海聡氏へ、お許しください。
我々が、知りたい事ともっと考えたい事と、この目覚めを逃せば、日本は消えてなくなる記事です。


/全文転載
Tokyo DD Clinic 9月1日 · ...
https://www.facebook.com/TokyoDdClinic/posts/864717840392572
来年の選挙


毎回書いている気もしますが、いよいよ憲法改正がどうとか軍隊がどうとかいう選挙が近づいてきます。

私は普通の日本人であり、朝鮮半島利権だ中国利権だとは無縁な人間で、内海という名前から察するに瀬戸内の土着の民族だろうと推測しています。
だから政治に対してどの政党を特別応援するとかありませんし、共産党のバックに何があるとか民進党がミンス党と揶揄され何がバックなのかとか、そういうことは理解したうえであえて今回のことを書いています。
単なる自民党や公明党嫌いではないのです。

現在は18歳以上に投票権があるよう規制緩和されたそうです。しかしこのこともメディア操作をし続ける与党の思惑があってのことに過ぎません。
誰に投票して良いかも判断できない彼らは、表向きだけで人を選んでしまいますからね。
彼らがだれに投票するかも重要ですが、その周囲で何を彼らに教えるかというのはさらに重要なことです。
今回の選挙の争点は憲法改正であり、消費税の嘘であり、緊急事態要項であり、さらに広げるならTPP問題であり、与党の年金詐欺であり、児童問題に関する政府の嘘であり、アベノミクスの嘘であり、国民総監視システムであり、原発問題であり、究極的にはアメリカによる奴隷支配からの脱却です。

竹中平蔵と小泉純一郎が嘘ばかりつき続けたことによって、日本にはあまりにもいびつな格差社会が訪れました。
非正規労働者はすでに2000万人を超えているとのことで、さらに今後与党が政権をとる限り増え続けていくでしょう。
非正規労働者が増えるということは支配被支配の奴隷社会、大会社の重役だけが儲かる社会が維持されるということです。
そしてさらに小泉純一郎を超える嘘を吐き続け、息を吐くように嘘を吐くとまで揶揄されているのが、安倍晋三総理大臣およびその配下にいる政治屋たちであり、既得権益者とつるんでいます。

今回の選挙でもいつも通り争点をボケさせようと画策している与党ですが、結局のところ憲法改正と戦争をできる国にしようとしている以外、彼らが画策していることはありません。
集団的自衛権とはアメリカが守ってくれるものだと勘違いしている人がいまだにいますけど、それが嘘だということは自分でも調べてみてください。
憲法改正の目的も結局のところ、さらにアメリカの犬になることで、経済徴兵をへて戦争ビジネスを向かっているだけです。
私は真の意味で日本が強い国になるのは拒否しませんが、現在の政府はその建前を装っているだけなのです。

口先で愛国とかいう人の本性を見抜きましょう。
今回、与党は憲法改正によって、基本的人権さえなくそうとしていることは知っている人ならみんな知っている常識です。
今回の選挙で与党が勝った時には、憲法9条は改正され緊急事態条項が盛り込まれ、アメリカの戦争に引きずり込まれていくのです。
なぜ安倍晋三がそれを行うかといえば、日本を守るためという嘘によって人々を騙し、内実は自分達がおこぼれを頂戴すること、そして軍需産業からのおこぼれを頂戴すること、金融資本からのおこぼれを頂戴すること、そして自分たちが搾取して貢いできた借金をチャラにするためです。

だから彼らは全く日本のことを考えてはいませんが、それも彼らのルーツを考えれば当たり前です。
いわゆる田布施に代表される出身者たち、岸信介の系譜を受け継ぎ傀儡として欧米の犬であり続けた彼らは、日本人のことなど本心では滅べと思っているほどです。
でも戦争が起きても彼らは痛くもかゆくもないのです。
常に政治家と呼ばれる人々は市民を戦争に駆り立て、自分たちは後ろでぬくぬくして金をせしめていったからです。
これは歴史が証明していることであり例外はありません。過去のどんな戦争も皇族や政治屋たちは死なないのです。

与党の背後に日本会議という組織がいることはご存知かもしれません。
日本会議の基本知識はここでは割愛しますが、彼らの真の目的は一部の人だけが権利とカネを独占できる社会の構築です。
そのために必要なものとして市民の弾圧と言論統制があり、具体論として緊急事態要項があります。
これは陰謀論でもなんでもなく現実に彼らが語っていることです。わかりやすい動画こちらなのでのぞいてもらえばよいでしょう。

創生「日本」のビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=BrxAi30Szpw

緊急事態など作ってしまえばしまいです。
緊急事態となればまるで戒厳令のごとくに、総理大臣に従わないと死刑、国家に従わないと死刑、戦争に行かないと死刑、外出するだけで逮捕ということが可能になるのです。
秘密保全法も癌登録法も農地バンク法もみんな同じ思想のもとに生まれました。
彼ら日本会議が目指しているのはかつての大日本帝国を取り戻し、強い日本という看板を掲げながら、市民を自分たちが支配することなのです。
有名な図書「日本会議の研究」にもそう明記されています。日本会議の目的は改憲ではなく日本国憲法の廃棄なのです。

原発事故から7年以上がたち、これから福島、東北、関東を中心に病気が激増してくるでしょう。
それを隠蔽したり弾圧するのにもこの法律はぴったりです。
与党が食べて応援や汚染土拡散で日本中に放射能を拡散するのは、カネだけでなく因果関係をみえなくすることと、日本人劣化政策をもくろんでいるからであり、三菱・日立・東芝に代表される原発会社とタイアップしているからです。
食べて応援は世界中からバカにされていますが、メディア統制された日本人はいまだほとんど知りもせず、汚染度は今までの基準は数十倍も越えて、8000ベクレル/kg以下までのを全国にばらまくという愚行に至ります。

通年線量は世界基準では1mSv/yearであり、チェルノブイリにおいても事故後でさえその基準は守られましたが、今でも日本の基準は20mSv/yearです。
除染もがれき拡散も福島で与党のテコ入れで学校を作ることも、国道6号線を開通させたこともすべて意図があって行われています。
そして、与党と原子力ムラは今でもこれらをごまかし続けることが出来ると思っており、その風潮を作るために盲目な奴隷たちを利用するのです。
原子力に関して言うなら経済の為に必要だとか、代替エネルギーは不安定だという嘘を広めさせるわけです。

実際に原発が動いていなくても経済は回っており、大企業の留保金は増え続けて東電もウハウハなようですが、それだけでなく火力の燃料も日本は法外な値段で外国から買っており(燃料のLNGを日本はアメリカに3倍で買わされている)、代替エネルギー開発や普及を妨げているのもほかならぬ日本政府そのものです。
日本はロシアがLNGを適正価格で売るというのを何度も断っていますが、これは日本政府が日本のことなど全く考えていない証拠。
そして原発事故の処分もろくにできず、放射能汚染はいまだに垂れ流し、全く意味のないもんじゅを継続して、国家予算をくすねているのも原子力ムラと政府が癒着しているからです。

TPPに関してもうやむやになっていますが、自由貿易協定などというのは全くの嘘であり、アメリカと二国間自由貿易協定を結んだ国はボロボロに搾取され、日本は関税が高いからというのも真っ赤なウソ、すべてはアメリカの利益のためです。
これを守るためにTPPでは秘密交渉が基本で、多国籍企業はそれを閲覧でき、TPPが導入されると、政府試算ではなく有識者試算だと全産業で10.5兆円収入が減り、全産業で190万人の雇用が減り、GDPレベルではマイナス4.8兆円と試算されています。
聖域の排除は元々きめられていたことであり苦渋の決断でも何でもありません。
農業その他の輸入解禁も問題ですが、ISD条項、ラチェット条項、NVC条項、 スナップバック条項などが含まれ、不平等条約など目じゃないくらい奴隷システムになっています。
これを与党が推し進めようとする意図もこれまでと同じであり、日本人の奴隷化なのです。

安保法案もどこかに飛んで行ってしまいましたが、今回の憲法改正及び緊急事態要項とセットで考えないといけません。
NSC(国家安全保障会議)に権利を与え、盗聴自由な通信傍受法を成立させ、反対する人間や団体を弾圧します。
またマイナーなところでは発達障害支援法というのを政府は通しましたが、これはそのまま子どもを薬漬けにするための法律といえるでしょう。
建前はもちろん子どもの病気をよくするためとなっていますが、製薬業界と医療界の利益を守るためでしかなく、これにたてつくことを防ぐために児童相談所の権限を強化しています。
また子どもを薬漬けにするだけではなく、偏狭な教育を強制するよう画策しています。

経済についても同様です。
私は経済にはあまり詳しくありませんが、アベノミクスの失敗は明らかだと多くの識者に指摘されています。
人々の収入は下がり一部の人だけが権益を得て、それをごまかすためのデータだけが出回り、財務の健全化を考えている政治屋や官僚など一人もいません。
市場購買力も低下し数年連続でGDPが縮小しているのは初めてのことだそうです。
これは戦争できる国に向かわせることとセットになっています。
戦争の前には必ず経済の低迷がやってきますが、往々にして政府とそのバックにいるものたちが画策しています。
画策したものたちは低迷期も甘い汁を吸い、国と市民は窮地に追い込んで戦争させ、そこからさらに甘い汁を吸うのです。

他にもテレビで流れているように不正は横行していますが、これを報道するのは裏にあるさらに大きな問題=これまで書いてきたような問題を隠すためでもあります。
消費税は増税されましたが的確に社会保障費には回されてないことが明らかにされています。
年金は70歳から支給を決定し払わせて払わないのを確立させました。それだけでなく年金の運用=博打に多額をつぎ込んで、それがすさまじい額の損失につながったことが分かっています。
まず日本の報道では流れることはありません。ようするに我々の年金や税金はネコババされているだけです。
こんなにあからさまに嘘偽りをつき続けられ、搾取を繰り返し行われているのになぜ市民は怒らないのでしょうか。
ひとつには市民の無知さ加減があり、これは市民自体の問題でもあります。
日本人のほぼ全員、特に年長者であればあるほど自分は知っているという洗脳にかかっていて、政治や経済の初歩でさえ知りません。
政治家のだれを選ぶかなど写真うつりくらいでしか考えておらず、ちょっと良くても公約にどんなことが書いてあるかくらいです。
政治屋は公約など決して守らないのが前提あり、騙したもの勝ちだとしか考えていません。
しかし詐欺師にさっさとひっ・・・

/転載ここまで

ワールドフォーラムの動画でも、同様のことを言っています
杉田穂高先生(アメノウズメ塾 ) 「日本に回帰しよう」緊急!国憂う講演会 ワールドフォーラム2018年7月

今目覚めないと、日本は無くなる。未来の子供たちにこんな大きなマイナスを渡すわけにはいかない。

山本太郎参議院議員の講演(街角)でも、切り口は違っても、今生きている人たち、未来の子供たちの危険を訴え続けています
今ならまだ間に合うと・・・・・、今の、こうなった日本は、結局大いに責任は有権者にもあるってことです。

これにプラスして
社会毒(農薬・化学肥料・食品添加物・放射性物質等々)は、消費者がこれらが入っている(裏面に記載されている)商品は拒否し、安全なモノを買い続ければ、おのずと、メーカー(もし売上が5%落ちると会社の存続にかかわる)は、売れるものを作り、売れないモノは淘汰していくのです。
添加物だらけの、便利を追い求めた食べ物は、企業だけでなく、それを望んでいる消費者にも責任があるのです。
まして、成長盛りの、細胞分裂が活発な、体の組織を作っている子供たちがそのような社会毒を食すれば、体が丈夫になるわけがないのです。(もし、TPP11に加入してしまったなら、遺伝子組み換え表示が消えます。そうなれば手遅れなんです
【動画】内海聡先生 心と体の健康のために したいこと/してはいけないこと 15 遺伝子組み換え食品を投与したラット
内海聡氏のネットの講演よりお借りいたしました

大事な余談ですが
一日三食の食事量は、体に負担がかかってる、人間の体は飢餓モードに耐えるように出来ているが、飽食に耐えるようにはできていない、おまけに社会毒が入った食べ物を多く食べない方が体には良いのです。なぜなら食べ続けることによって毒素を溜めることになるのです。それが免疫機能で排除できなくなったときに、爆発して、病気になるのです。一日一食又は1.5食でも体は大丈夫です。食費の経費が浮きます、だから少し割高でも安全な物を買えます(私は、ずーっと一日1.5食です)
日本は世界一、農薬・食品添加物・遺伝子組み換えの食品を食べている国なんです。その上原発事故で、放射性物質の瓦礫拡散、食べて応援だから増々病気になるのです。(瓦礫拡散は、被ばく地域と非被曝地域の差を比較できないようにするのが目的の一つです)
いま、あまりにも病人が多すぎます。(身内も医原病の犠牲になったのではと、辛かった)
国別農薬使用量(kg/ha)2009年


それと、薬は石油から作られています
石油を飲んで、病気が治るわけないのです。同じ病名(症状を病名にしている、そこが盲点)でも、そこに至った経緯は皆違います。その根本を正せば病気が根本から回復するのです。石油を飲んで治るわけないのです、生死をさまよっているの病人以外は。それと、人間の体の細胞はタンパク質と脂質のカタマリ、だからその石油の薬が、細胞に溶けて体から排出されなくて悪さをしだすのです。

自分の理解している範囲で沢山書きました。かなり大雑把に書いています。
細胞とか免疫細胞などは、もっと複雑で且つ端的で、融通が利かないなど、、、など・・・新しく購入した本に付属していたDVDを聞くと、体は賢い(堅物)が、頭はバカ^^がよくわかる面白いものでした。
知らないことを少しでも知って、家族と周りの人が、病気などから遠ざかる生活が出来ればと願っています

index
社会毒に物申す人・集まりindex (主に人名で、そしてカテゴリー別に、)

  
プロフィール

恵

Author:恵
暮らしに花(生け花)を!
木・葉・花を今風に飾る
未来の子供のために社会毒を避ける
「お花のある暮らし」の様に平凡で安らぎが根底で保障された生活を望んでいます。

最新記事
にほんブログ村☆FC2ランキング
にほんブログ村 花・園芸ブログ 花のある暮らしへ 
カテゴリ
日本母親連盟マザリー
「Ⅰ.目的」
日本母親連盟マザリーは、食・医療・農業・環境・保育などの問題を広く社会に投げかける啓蒙活動を行い、「子どもたちの未来のために母親や女性たちの力で健康な社会を産み出す」ことを目的としています。
詳しくは ↓ をご覧ください。
日本母親連盟発足
情報は ↓ こちらをご覧ください
日本母親連盟
★日本母親連盟は、総務省に申請されている、れっきとした政治組織です。
★母親だけが参加するものではなく、結婚されていない方全員、女性の方全員、すでに子育てが終わった方全員、男性の方全員が対象になっています。
★日本父親連盟もできました。詳しい情報は ↓ こちらをご覧ください
日本父親連盟
気になる、記事とyoutube
このプラグインのアーカイブは
保存しておくサイト・記事・動画集
カテゴリの「<保存しておく記事・動画>」にストックしています。

自然農法家 モリンガファーム 赤嶺彰弘さん (youtube)
STOP THE 5G 【全国】ライブ中継/こみ☆まぐ重要 (youtube)
船瀬俊介氏が語る「stop the 5G!」その危険性/神社チャンネル重要 (youtube)
政権崩壊、トランプ健康不安、銀行と地価下落、社会主義/カレイドスコープ姉妹サイト (記事)
ヤバすぎる緊急事態条項の改憲発議を阻止する会 (facebook)
古館伊知郎が訴える緊急事態条項の危うさ (youtube)
バビロニア魔術で日本経済を崩壊させる国際通貨基金/カレイドスコープ (記事)
貧乏人は水を飲むな。「水道民営化」を推進するIMF、次のターゲットは日本マネーボイス (記事)
やすとみ歩「怯えた人々が指導する社会は滅亡する」  (youtube)
5Gの影の部分に隠されているステルス性の人口削減計画/カレイドスコープ (記事)
社会主義からAIエンペラーが統治する共産主義へ向かう/カレイドスコープ (記事)
Qの救世主、ドナルド・トランプ。 (youtube 字幕付き)
参考 ジェイエピセンターさん 完全監視社会を作ろうとする者が 今何をしているのか
主婦のための山本太郎問題解説/うつみん(内海 聡)のブログ (記事)
人工地震についての個人的意見(長文です)/内海聡 facebook (記事)
山本太郎講演問題についての個人的意見/うつみん(内海 聡)のブログ (記事)
IWJ 「虐待していなくとも…」親の同意なしで一時保護、親子の面会禁止のまま長期間隔離、子どもへの危険な薬物投薬 ~医師・弁護士らが児童相談所被害の実態を報告 2014.10.15 (youtube)
全記事表示リンク
検索フォーム
コンパクト月別アーカイブ
リンク
PV(ページビュー)アクセス
PVアクセスランキング にほんブログ村
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ